2014年12月01日

ブルガリアの予言者 ババ・ヴァンガ "Baba Vanga" 2015年の予言

crystal_ball.jpg

ブルガリアの予言者 ババ・ヴァンガ "Baba Vanga"」の記事を2013年12月に書きました。数千年先の未来までの予言がなされ、宇宙人とのコンタクト、はては人類が別に宇宙に移動するという、驚くべき内容でした。

2014年の11月にこの予言者、ババ・ヴァンガの新しい予言が公開され、ニュースとなりました。ブルガリアの政権が2014年の選挙で変わったことにより、国家機密となっていたヴァンガの予言の一部が公開されたのです。

ババ・ヴァンガ(英語:Baba Vanga、ブルガリア語: баба Ванга)

1991年1月31日〜1996年8月11日。第二次世界大戦が終結し、ブルガリアが共産圏となった後、ヴァンガは政府予算を計上され、国家公認の予言者として認定されました。

ブルガリアでは知らない人はいないと言われる盲目の予言者です。亡くなった時には新聞1面のニュースになり、大統領も葬儀に参列しました。

そのヴァンガの新たな予言が公開されたのです。二つのソースをもとにまとめてみました。

ババ・ヴァンガの予言2015

ブルガリア語のニュースサイトnovini.bgの記事です。ロシアの専門家が予想する、ババ・ヴァンガの2015年の予言です。翻訳に誤りがあればコメント等でご指摘ください。

2015年の初めには、世界の多くの国、特にヨーロッパで革命的な意識、財政難と資源危機が起こる。これは世界の国々の力関係を再構築する契機となる。このような状況は、特にロシアと中国に関係してくる。

2015年は、宇宙科学の興味深い発見がある。預言者によると、ロシアは、全世界を驚かせる発見をする。これは文明の発展に大きくかかわる内容である。

2015年の半ばには核戦争の脅威が大きくなる。特に中国とアメリカに関係がある。アメリカは金融危機の恐れがある。

ユーラシア大陸の南東部が、破壊的な津波で水没する恐れがある。水没する可能性があるのは、イングランド、ポルトガル、スペインの一部。一方、北米大陸とカナダで破壊的な竜巻が荒れ狂う。

アフリカ大陸では2015年の半ばに食料や新鮮な水の深刻な状況が発生する。伝染病も強い危険がある。

2015年の終わりには、2回目の核戦争の危険が大きくなる。これが現実になれば、私たちは地球の表面の大部分を放棄するようになり、世界的な大惨事と破壊に直面している。

「ロシアの声」日本語版でもニュースが出ています

ブルガリアの選挙でGERB党が勝利し、新政府となったボイコ・ボリソフ党首は、ヴァンガの予言を全面公開すると発表した。まずは国家安全保障委員会の保管庫に眠る、2015年の予言を公開することになった。

予言の驚くべき内容は次の通り。

・米大統領が退任する。政治家を引退するだけでなく、あらゆる特典を失い、訴追を受ける可能性もある。

・ロシア大統領も解任される。しかしそれは悲劇ではなく、社会も混乱しない。むしろ、ロシアはいよいよ飛躍のときを迎える。解任をしたのは現在の統治者(プーチン大統領?)であり、彼は以後も国をコントロールする。(皇帝になるのでしょうか?)

・ロシアの通貨ルーブルは、年内に非常に強くなり、米ドルよりも信頼性が高まる。

・ブルガリアはロシアとの関係を強化していく。

・病気の蔓延(恐らくエボラ出血熱を指す)は克服されず、世界中に広まり、シベリアとオーストラリア以外は病原菌で汚染される

いずれの記事もロシアが関わっているのでロシア寄りの内容となっています。果たして2015年は、どのような未来を迎えるのでしょうか。

スポンサードリンク

posted by 桜 真太郎 at 23:42 | Comment(1) | 都市伝説
この記事へのコメント
面白いサイトですね。今年、ババの予言は幸いなことにあまりあたっていなかったようですね。良かったです。
Posted by 名無し at 2015年12月11日 23:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: