2011年06月18日

空を自由に飛びたいな♪ 個人飛行機具 その2 ロケット・ベルト


※1984年ロサンゼルスオリンピック開会式に登場したロケットベルト 10秒~

マーチン・ジェットパックを調べていたら、他にも個人飛行機具があるのを知りました。結構色々なものがありました。

まずは全ての元祖、ロケット・ベルト(BELL ROCKET BELT)です。
言わずと知れたロケット・ベルト。様々な映画・アニメ・漫画などに描かれた、イメージのもとはこれ。1960年代初頭、 ベルエアロシステムズが基本的な概念を考案し研究が重ねられてきました。

高濃度の過酸化水素水を窒素ガスの圧力(40気圧)で、触媒に吹き付けて水蒸気と酸素に分解し、反応熱で気化させてノズルから噴射します。噴射するガスの温度は740℃にも上り、パイロットは耐熱服を着用する必要がありました。

飛行自体は1960年代に成功しています。しかし、危険な過酸化水素を燃料に使い、また噴射ガスが高温になり危険、航続時間も20〜30秒であったため、実用化には至りませんでした。一番の見せ場はやはり1984年のロス五輪開会式だったのでしょうか。映画やアニメなどでは大活躍しましたが、現実はうまくいかなかったようです。


※ロケットベルトRB-2000による飛行。画像引用元はこちら

ロケットベルト(RB-2000)の主な仕様・諸元は以下の通り。

乗組員:1名
長さ: 3フィート(0.9m)
翼幅 : 18インチ(0.45 m)
高さ: パイロットの身長に同じ
装備重量: 125ポンド(57キロ)
推進装置: ベルロケットエンジン1基、推力:145kg(1.42 KN)
推進剤: 純度90% 過酸化水素
最大速度 : 毎時60マイル(100 km/h)
最大高度:30m
飛行時間:30秒
航続距離 : 860フィート(260メートル)

実際の移動手段としての実用にはとても使えませんね。

ロスアンゼルスオリンピックで使用されたものは、改良品のRB-2000というモデルです。
ベルロケットベルトより性能が若干向上しています。

現在ロケットベルトを販売しているところを探したら2社が見つかりました。

TAMロケットベルト社

※TAM社のロケットベルトを使用した飛行の様子。公式サイトGalleryより。

メキシコにあるロケット関係の製品を販売している会社。顧客の要望に合わせたロケットベルトを提供する世界で唯一の企業です、と自信満々です。技術的にはベル社の技術を受け継いだ機体を製造しています。2005年まではタイラー社の製品を販売していました。

ロケットベルトの価格は現在ウェブサイトでは「お問い合わせください」になっていますが競合他社の比較記事では訓練、整備費用込みで25万$(3,125万円)となっています。ロケットベルトの製品紹介はこちら。飛行ビデオや写真も多く掲載されています。

Jet PI Jet Packs(ジェットPIジェット・パック社)

※ジェットPIジェット・パック社のロケットベルト飛行の様子。公式サイトPhotogalleryより。

こちらが競合他社です。
ジェットパックH2O2 と H2O2-Zを販売しており、H202の価格は15.5万$(1,937万円)で航続時間が3秒長いとセールスしています。現在ジェット燃料使用のT73を開発中で、こちらは航続時間9分になる見込みです。

主な製品の仕様は以下の通り。
ジェットパックH202
最大飛行時間: 33秒
最大距離: 500フィート(152.4m)
最大速度: 毎時70マイル(112.5km/h)
最大高度: 120フィート(36.5m)
最大パイロット重量: 180ポンド(81.6kg)
燃料: 過酸化水素
燃料容量: 5.8ガロン(21.9リットル)

ジェットパックH202-Z
最大飛行時間: 43秒
最大距離: 1500フィート(457.2m)
最大速度: 毎時77マイル(123.9km/h)
最大高度: 250フィート(76.2m)
最大パイロット重量: 180ポンド(81.6kg)
燃料: 過酸化水素
燃料容量: 8ガロン(30.3リットル)

ジェットパックT-73(開発中)
推定飛行時間: 9分
推定距離: 約11マイル
推定速度: 毎時83マイル
推定最大高度: 250フィート
最大パイロット重量: 180ポンド
燃料: ジェット燃料
燃料容量: 5.0ガロン
エンジン: T - 73タービンエンジン

H2O2 と H2O2-Zはベルロケットパックの原理を使用したエンジンですが、T-73はジェットエンジンなので、まったく別タイプの製品です。H2O2-Zの"Z"はドラゴンボールと同じで過酸化水素を使用した製品では最後、という意味でしょうか。

ニッチなロケットベルトを販売している企業が複数あることに驚きました。

もう1社、販売はしていないけれど、パフォーマンスを提供している会社がありました。
パワーハウスプロダクションズ株式会社(Powerhouse Productions Inc.)

※満員のスタジアムで花火を点火したパフォーマンス。公式サイトGalleryより。

創立30年の歴史を持ち、ロケットマンのショーを提供しているパワーハウスプロダクションズ株式会社です。ロケットベルトは3台所有しています。ウェブサイトでは「我々は実験的なジェットパックとは異なり、本番で失敗したことがない。」と自信満々ですw

1984年ロサンゼルスオリンピックのロケットベルトの飛行もこの会社が行ったとのこと。世界各地で700回ものパフォーマンスに成功している実績に基づいた自信なのでしょう。(公式サイトHistory参照)

ここも公式サイトにはショーの値段が載っていません。雑誌「Popular Science」 2006年3月号の記事によれば、価格は2006年当時、30秒2回の飛行で2万$(180万円)だそうです。

※上記雑誌p.47 「 Powerhouse Productions, charges close to $20000 for an untethered 3O-second fligh」

ロケットベルトだけでも結構調べるの大変でした。

飛行機具としての実用化は難しいことが良くわかりましたが、ロケットベルトはホントにカッコイイ。
どの動画を見てもわくわくします。

あとは、ジェットマンと水パックロケット、日本製オートジャイロもまとめる予定です。

【関連リンク】
ベルロケットベルト - Wikipedia、フリー百科事典※英文のみ。日本語ページなし。
ジェットパック - Wikipedia、フリー百科事典※英文のみ。日本語ページなし。
Youtube ロサンゼルスオリンピック開会式 ロケットベルト
RocketBelt.nl※英文
オランダのロケットベルトマニア作成の解説ページ。Wikiより詳しくロケットベルトの歴史、機体、開発者、パイロットについて多くの写真とともに解説しています。ゲストブックもありますので興味があれば挨拶してみましょう。

スポンサードリンク

posted by 桜 真太郎 at 10:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 最新技術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/95081046

この記事へのトラックバック