2011年06月14日

超常現象Xファイル2/ツングースカ大爆発


※ツングースカ隕石が落下した時のイメージCG。

超常現象Xファイル2/ツングースカ大爆発
http://japan.discovery.com/episode/index.php?eid1=878715&eid2=000000

おなじみの「ツングースカ大爆発」の最新情報を見ました。ムーでは「地球防衛システム説」が最新だったかな?

1908年にシベリアで謎の大爆発が起きて2,000平方kmを焼き尽くした原因を各説の科学者が同時に現地調査をして自説を証明する企画。

面白かったー。

※1927年にクーリック探検隊により撮影された爆発現場付近の写真。


※別カット。

今回の説は以下の通りです。
・小惑星空中爆発説 イチオシ。コンピュータシムで再現性高し。
・火山ガス爆発説 証拠となる砂岩の圧縮石英も発見された。2番手。
・鏡像物質:Mirror matter説。地球の重力にMirror matterが引き寄せられて
 大爆発を起こしたとする説。初見。物理学者が唱えた。物証弱し。
・UFOが隕石を撃墜したとする、おなじみ色物説。現地の怪しい博物館長の持論w

今月(2011年6月)もまだ再放送あります。

おまけの見どころは夏のツンドラ地帯の羽虫、蚊w
スゲー勢いで飛んでますw
-------------------------------------------------
先月2chのオカルト板、ムースレに書きましたが、レスがつかずさびしい記事となりました。

(`・ω・´)

誰でも知っている世界の謎ですが、今だ結論が出ていないのがオカルトファンの心をくすぐります。


※ツングースカ大爆発爆心地付近の写真。撮影された2008年でもまだ樹木が生えていません。


※ツングースカ隕石の一部が落下したクレーターではないかと言われている、チェコ湖。湖底から隕石が発見されています。


※ツングースカ隕石通過地点にある「悪魔の墓場」と呼ばれる場所。動物が白骨化していて、現在も植物が生えていません。現地では、呪われた悪魔の地と呼ばれているそうです。

【関連リンク】
ツングースカ大爆発 - Wikipedia まずはここから。
ツングースカ隕石の謎 ロシア語。ツングースカ大爆発の概説。
ツングースカ現象諸説 ロシア語。様々な説を画像と共に紹介。画像が良い。


スポンサードリンク

posted by 桜 真太郎 at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/95081048

この記事へのトラックバック