2011年11月15日

新江ノ島水族館 深海コーナー「深海l 〜JAMSTECとの共同研究〜」


新江ノ島水族館深海コーナーを撮影した映像、全体が良く判ります。

久しぶりに新江ノ島水族館に行き、深海コーナーの写真を撮ってきました。

以前にも書きましたが、新江ノ島水族館の深海コーナーは海洋研究開発機構:JAMSTECと共同研究をしているため、日本、いや世界でも有数の充実度を誇っています。現在の目玉は化学合成系の生態系を再現した大水槽です。

ユノハナガニ、オハラエビ、チューブワームの生きた生態系が見られるのは深海生物ファンにとってたまらない魅力です。

その他、不定期に世界初公開の深海生物の生体が展示されるので、ぜひ年間パスポートを入手して定期的に見に行きたいものです。入場料2回分の料金(大人4,000円、小学生2,000円)で1年間有効なパスポートが購入できます。

このパスで様々な割引も受けられます。館内のソフトクリーム100円引き(不定期ですが最近はいつもやっています。)、向かいのデニーズの飲食料金5%引きなどです。深海生物ファンにはマストアイテムといっても良いでしょう。

私はソフトクリームも大好きなので、とてもありがたいサービスですw また館内では軽食しか販売していないので、ちょっと食事をしたいときには向かいのデニーズが一番近く、この5%引きもグッドです。

コーナー右側からからすべてではありませんが、展示物を写真に収めました。

※2012年7月14日に深海コーナーが大幅リニューアルし、標本類は「深海II 〜しんかい2000〜」のコーナーに移動しました。従来の深海コーナー(ここ)は「深海l 〜JAMSTECとの共同研究〜」という名前になりました。


ホウライエソ(標本)


スケーリーフット(標本)


シロウリガイ(標本)


カイコウオオソコエビ(標本)


ゴエモンコシオリエビ(化学合成生態系水槽)


オハラエビ(化学合成系生態系水槽)


サツマハオリムシ(化学合成生態系水槽)


エゾイバラガニ(ミルクガニ)小さい!


ユノハナガニ


深海ウニ、イソギンチャク、ヤドカリ


オオグソクムシ


ダイオウグソクムシ ※2011年12月11日現在、7体展示されています。


2005年に展示されたオオグチボヤ。現在は展示終了しています。


オオグチボヤ解説プレート。


コトクラゲ(2005年に展示)。解説プレートの写真がピンボケだったので書き起こしました。
コトクラゲ Lyrocteis imperatoris
コトクラゲはクシクラゲの仲間で昭和天皇により1941年に採集され、京都大学の駒井卓博士によって命名されました。学名にimperatorisとあるのは、発見された昭和天皇にちなんでいます。クラゲ類は普通は浮遊生活するのですが、本種は底質に付着して生活する非常に珍しいクラゲで、クラゲ研究者でも見たことがない珍品中の珍品です。採集されたのは天皇陛下が採集されて以来で、しかも生きたまま展示されるのは初めてでしょう。色は橙、黄、水玉など様々な色があるようです。
展示個体は、2005年7月25日〜8月3日に行われた海洋研究開発機構の無人探査機「ハイパードルフィン」潜航調査によって、鹿児島県野間岬沖の水深約200mから採集されました。



タカアシガニ ※深海コーナーとは少し離れたところに展示されています。


イガグリガニ。タカアシガニの水槽に入っていましたが深海コーナーに移動してきました。2012年3月11日撮影。


ゴエモンコシオリエビのアップ。硫化水素濃度と生存率の研究用。2012年3月11日撮影。


オオホモラ。生体の展示は珍しい。背中に背負った2本の足が特徴的です。2012年3月11日撮影。


ウミエラの一種。2012年7月30日撮影


ダイオウグソクムシのプラスティネーション標本。特殊な処理をして成分の一部をプラスティックに置き換えた標本です。手で直接触ることができます。


このほかにコーナー入り口にプラズマディスプレイが置いてあり、JAMSTEC撮影の貴重な映像が放映されています。また反対側の角に深海生物の標本が展示されたガラスケースがあります。全体の構成はこの記事TOPの動画を見ると良く判ります。

深海生物の展示のほかにも相模湾の魚を中心に展示があり、タカアシガニの生体も常設展示されています。また生物を直接触れるタッチングプール、イルカショー、相模湾大水槽のダイビングショーなど、ショースケジュールも充実しています。

家族や友人、恋人同士でも楽しめる、湘南を代表する施設のひとつです。ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
ダイオウイカ VS. マッコウクジラ
世界最大のイカ ダイオウイカ "Giant Squid" 大王烏賊
深海7000mで超巨大なヨコエビを発見
世界最大のダンゴムシ 大王具足虫(ダイオウグソクムシ)
謎の巨大イカ, ダイオウホオズキイカ, Colossal Squid
新発見・新種の奇妙な深海生物
新江ノ島水族館 「深海II 〜しんかい2000〜」開設!
沼津港深海水族館 シーラカンス・ミュージアム
国際海洋環境情報センター 「深海映像データベース」
海洋研究開発機構 「深海画像データベース」
おいしい深海生物 Top10
奇妙な深海生物 Top10

【関連リンク】
深海コーナー 新江ノ島水族館 深海コーナーの解説。目玉生物情報もあり。
年間パスポート 新江ノ島水族館 年間パスポートの案内。割引情報あり。
新江ノ島水族館 えのすいトップページ

【関連書籍】


【関連DVD】

スポンサードリンク

posted by 桜 真太郎 at 16:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 深海生物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/95081088

この記事へのトラックバック