2012年02月19日

世界最小のカメレオン発見!&世界最小の鳥・サル・カエルなど







マッチ棒の頭に乗るほどの小さなカメレオンがマダガスカル島の小さな小島で発見されたことが2012年2月にニュースになりました。

成体でも鼻から尾の先まで30mm未満のカメレオンは、「ブルケシア・ミクラ "Brookesia micra"」という学名が付けられました。

ドイツとアメリカの研究者が2月14日に、アメリカの科学雑誌プロス・ワン "PLoS ONE" に発表しました。リンク先に本種カメレオンの高画質のJPEG画像、非圧縮のTIFF画像があります

プロス・ワン "PLoS ONE" は、2006年からPublic Library of Science社が刊行している査読つきの科学雑誌です。科学と医学の一次調査の研究を扱っています。

このカメレオンは島に隔離された動物種が適応して小型化する「島嶼(とうしょ)化」により小さくなったと考えられています。今回は、3種の小型カメレオンが発見されました。

去年から今年にかけて小型生物が相次いで発見されています。

この1月には世界最小のカエルがパプアニューギニアで発見されました。

以下、世界最小クラスの動物の写真です。


2012年8月に発表された新種、アッテンボローのゴブリングモ


発見者、英動物学者のデービッド・アッテンボロー(David Attenborough)氏。

【8月6日 AFP=時事】オーストラリアのパース(Perth)で、体長1ミリほどの新種のクモが発見された。オーストラリアの西オーストラリア博物館(Western Australian Museum)が6日、写真を公開した。新種のクモはサイズが1ミリメートルよりも少し大きい程度。

英動物学者のデービッド・アッテンボロー(David Attenborough)氏にちなみ、「アッテンボローのゴブリングモ」と命名された。学名は「prethopalpus attenboroughi」。

(c)AFP=時事/AFPBB News


2012年1月にパプアニューギニアで発見された、世界最小の脊椎動物とされるカエル


世界最小の鳥。キューバのマメハチドリ(Bee Hummingbird)。


世界最小の脊椎動物であるボルネオ島の魚。


ドミニカ共和国で発見されたカリブヤモリ(Caribbean gecko)。世界最小の爬虫類の一種。


ピグミーマーモセット(pygmy marmoset )。世界最小のサル。


2007年アメリカジョージア州で発見されたアメリカで最も小さいサンショウオ(patch-nosed salamander)


2010年にボルネオ島で発見された豆粒大のカエル。

世界にはまだまだ、謎と不思議があることを感じさせるニュースでした。

スポンサードリンク

posted by 桜 真太郎 at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | UMA
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/95081105

この記事へのトラックバック