2012年07月31日

新江ノ島水族館 「深海II 〜しんかい2000〜」開設!


2012年7月14日(土)新江ノ島水族館の深海コーナーが大幅リニューアルしました。

従来の深海コーナーは「深海l 〜JAMSTECとの共同研究〜」となり、標本類はすべて新設の「深海II 〜しんかい2000〜」に移設されました。

ここでは新規開設された第二深海コーナー 「深海II 〜しんかい2000〜」を紹介します。

場所は以前オープン・エアだったタッチングプールの場所を部屋にして使用しています。これにより、ウミガメ水槽は見えなくなりました。

「しんかい2000」は、水深2,000mまで潜航できる有人潜水調査船です。日本初の本格的な深海の有人潜水調査船として1981年に完成し、その完成以来、長期間にわたり海洋調査の第一線で運用されてきました。

「しんかい2000」は、日本周辺を中心に様々な海域に潜航し、相模湾・初島沖で化学合成を行うシロウリガイのコロニーを発見、沖縄トラフでは熱水噴出現象を発見するなど、日本の深海研究の進展に大きく貢献してきました。また、「しんかい2000」の開発・建造によって培われた技術と経験は、「しんかい6500」、「かいこう」など、その後の海洋調査機器の開発に活かされてきました。

日本の深海研究の飛躍的な発展に大きく貢献した「しんかい2000」は、2002年11月11日に、1,411回の潜航を無事終えた後、20年以上の長期にわたるその活動を休止しました。

引退後、臨時的に展示されてきたものが、えのすいでの長期常設展示となりました。

現在は、後継機種の「しんかい6500」や無人探査艇「かいこう7000」が深海探査に活躍しています。


「深海II 〜しんかい2000〜」コーナー入り口階段上の看板。


「深海II 〜しんかい2000〜」コーナー入り口の表示。


メインの展示は「深海2000」の実機。


「深海2000」のコクピットも展示されています。


深海生物の標本はすべてこちらに移動。20以上あるかな。


潜水艇母船「なつしま」の模型


こちらも目玉展示。深海鮫、ラブカとゴブリン・シャーク(ミツクリザメ)


ラブカ標本の頭部のアップ (クリックで大きくなります。)


ゴブリン・シャーク(ミツクリザメ)の全身標本 (クリックで大きくなります。)


ラブカとミツクリザメの全身標本のHD動画(1080dpi)。

詳細はこの記事トップの動画をご参照ください。

タッチングプールはショースタジアムの下に移動しました。現在は「深海タッチングプール」もあり体長10cmほどのダンゴムシ「オオグソクムシ」の生体を触ることができます。ダイオウグソクムシでないのが残念!

その他、通常のタッチングプールも併設されており、ドチザメ、ネコザメ、法螺貝、セミエビなどの生体を触ることができます。

「深海タッチングプール」の解説


体長10cmの巨大ダンゴムシ「オオグソクムシ」。触れます。

ぜひ年間パスポートを入手してふたつの深海コーナーを定期的に見に行きたいものです。入場料2回分の料金(大人4,000円、小学生2,000円)で1年間有効なパスポートが購入できます。

このパスで様々な割引も受けられます。館内のソフトクリーム100円引き(不定期ですが最近はいつもやっています。)、向かいのデニーズの飲食料金5%引きなどです。深海生物ファンにはマストアイテムといっても良いでしょう。

【関連記事】
新江ノ島水族館 深海コーナー 「深海l 〜JAMSTECとの共同研究〜」

【関連リンク】
深海U〜しんかい2000〜 新江ノ島水族館公式サイトの解説
深海コーナー 新江ノ島水族館 深海コーナーの解説。目玉生物情報もあり。
年間パスポート 新江ノ島水族館 年間パスポートの案内。割引情報あり。
新江ノ島水族館 えのすいトップページ
JAMSTEC研究船・探査機開設ページ 日本が世界に誇る探査艇群の解説ページ。各探査艇をクリックすると詳細な解説がでます。しんかい2000はこちら

【関連書籍】


【関連DVD】

スポンサードリンク

posted by 桜 真太郎 at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 深海生物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/95081120

この記事へのトラックバック