2012年04月06日

ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル2012春 (その1)

ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル2012春
テレビ東京・テレビ大阪系 2012年4月6日(金) 20:54 〜 22:48

久しぶりのやりすぎコージーの都市伝説スペシャル。最近オカルト系の番組が多くてうれしく思います。例によって備忘録を兼ねてまとめました。

●司会
今田耕司 / 東野幸治 / 千原兄弟 / 野性爆弾 / 大橋未歩(テレビ東京アナウンサー)

●都市伝説テラー
東貴博 / アンジャッシュ / アンタッチャブル柴田 / いとうあさこ / カンニング竹山 / コトブキツカサ / コラアゲンはいごうまん / サバンナ高橋 / サンドウィッチマン伊達 / 島田秀平 / Mr.都市伝説 関暁夫 / 井上公造

●ゲスト:樹木希林 / YOU / 的場浩司 / 矢口真里 / 西山茉希

世界各国を巡り、フリーメイソンの実態に迫ってきたMr.都市伝説・関暁夫。
今回は世界三大宗教の聖地・エルサレムがあるユダヤ国家イスラエル!
イスラエルの古代史・ユダヤを通して紐解かれる日本と世界の裏側の数々…。
そしてあの秘密結社フリーメイソンとのつながり…。更に我々人類が直面している
新時代の鍵がイスラエルで明らかに!




●スカイツリーに秘められた謎 東貴博

なぜ住宅密集地の下町浅草にスカイツリーを建設したのか?

レイライン。以前番組で関が紹介したイギリスのレイライン。パワースポットを繋ぐと一直線に上浮かび上がる線がレイラインである。

日本にもレイラインがある。富士山-明治神宮-皇居-鹿島神宮を繋ぐライン。スカイツリーもこのライン上に乗る。


鹿島神宮に国宝の剣がある。「平国剣(ことむけのつるぎ)」



この伝説の剣は一振りすれば国中が平穏になるという霊験があると言い伝えられている。この鹿島神宮のパワーをスカイツリーを通じて東京に振り分ける(東京を平穏にする)意図があるのではないかといわれている。

鹿島神宮では文字の通り神の使いとして鹿を祀っている。

そして東京スカイツリー。地上デジタル放送の電波塔。このマスコットキャラクターは地デジカ。

左:地デジカ。右:アナログ放送イメージキャラクター、アナログマ(2ch有志により生まれる。)

これは単なる偶然なのだろうか?

神の使いである地デジカがスカイツリーに良いパワーを送っているのではないだろうか?
信じるか信じないかはあなた次第です。

【関連リンク】

アナログマイメージビデオ。歌もアニメもかわいい。



●浮世絵とスカイツリーの奇妙な関係 千原ジュニア

江戸時代末期に歌川国芳が描いた浮世絵がある。「東都三ッ股の図」

ここに不思議な塔が書かれている。画を描いたと思われる場所(深川付近)から現在の写真を撮ると、その場所にはスカイツリーがある。低い塔は火の見櫓。想像で未来を見て描いたのではないか、といわれている。

※浮世絵と同じ場所から見たスカイツリー。

歌川国芳が描いたもう一枚の絵がある。 「東都御厩川岸之図」 描かれた傘に数字が書かれている。
1861番

歌川国芳が没したのは偶然にも1861年。自分の死期も予知していたのだろうか?

信じるか信じないかはあなた次第です。



●パクリに隠された中国の真の狙い アンジャッシュ渡部

※正規のアップルストアそっくりの外観。


※店員の着ているTシャツまで同じ。

世界中で中国の知的財産権の侵害、いわゆるパクリが問題となっている。一例を挙げると米国アップル社のIPADと店舗のデザインがそのままパクラれるという事件が起きた。

このほかにもアメリカのマイケルジョーダンのブランドを(秀丹体育)福建省のメーカーが勝手に商標登録したということで訴えを起こされている。

コーヒショップ「スターバックス」のパクリ、「STAR FUCKS」というショップもある。スターバックスのパクリではないかと問い正したところ、ただの偶然である、という回答であった。

※「やりすぎ都市伝説スペシャル2012秋(その2) シアトル都市伝説ファイル@ 世界的コーヒーショップと秘密結社」はこちら。

ゲーム機のパクリもある。プレイステーションをパクったのではないかというゲーム機の写真がこれである。

CD-ROMを入れるところがカセットの差込口となっている。メーカーの担当者にパクリではないか確認したところ「ただの偶然である。」という回答であった。

さらにPS3も中国で発売になった。その写真がこれである。これも担当者にファミリーコンピュータのパクリではないかと確認したところ、「ただの偶然である。」という回答であった。


なぜ中国はここまであからさまなパクリをするのであろうか?

中国はパクリ問題を使って日本との間にわざと国際問題を生み出そうとしているのではないかという説がある。

2012年3月13日、枝野経済産業相は13日の参院予算委員会で、日本の農産物名や地名が商標登録申請されている問題に絡み、「大変ゆゆしき事態だ」、「こんなものがまかり通っているとすれば、国家としてのプライドの問題ではないか。 『プライドがないのか』と言いたい」と中国側を強く批判した。

国会で大臣が正式に中国のパクリ問題に言及したのは初めてのことである。しかし、もしかしたらこれは枝野大臣が中国の挑発に乗せられてしまったのかもしれない。中国のパクリ問題が笑い話のままであれば良いのだが…。

信じるか信じないかはあなた次第です。



●芸能界を震撼させる闇のアルバイト 井上公造

芸能人も売れてくると自宅に芸能マスコミが表れるようになる。彼らはどうやって芸能人の自宅情報を入手しているのであろうか。

芸能人の住所を闇社会で取引する裏ビジネスがある。芸能人は仕事を終わるとお酒を飲み行くことが多い。しかし、そういう店はある程度限定される。

そのような店に闇社会がアルバイトを送り込む。店に芸能人が来ると、アルバイトはマスコミに連絡をし、カメラマン、記者などを送り込む。目的は写真を撮ることではない。後をつけて自宅を突き止めることである。

デートではなく男同士で飲んでいたら泥酔することも珍しくない。そのようなときに後をつけられても気が付かない。

闇アルバイトはマスコミからのアルバイト料と、店からのアルバイト料で二重の収入を得ることができる。どこの店が安全かはわからない。しかし、店側も顧客のプライバシーを守るべく警戒をしている。怪しいアルバイトは解雇し、次のアルバイトを採用するときにも審査を厳しくする。

そうなると次に狙われるのはレンタルビデオ店。芸能人の自宅近くにあるレンタルビデオ店は限られる。闇社会はそのような店にアルバイトを送り込む。レンタルビデオ店においても顧客情報を管理するPCは厳重に管理されている。しかし闇社会の仲間によってパスワードが解析されている。そのパスワードを使って芸能人の住所、借りたビデオなどの情報を入手している。

これは犯罪であるが情報の流出が証明できなければ犯罪として成立しない。芸能人は注意が必要である。



●わかると怖いニュースの裏側 いとうあさこ

ニュース報道の用語には浦の意味がある。例えば次のようなものがある。

「男は・・・」「女を・・・」といった場合には容疑者の可能性が高い。
「男性は・・・」「女性は・・・」と言った場合には容疑者として不確定。

「容疑者」もマスコミ用語で法律上は「被疑者」である。「被疑者」と「被害者」を聞き間違えないように報道をしている。

似ていることばで少し違う言葉には次のようなものがある。「わいせつ(猥褻)な行為」「みだら(淫ら)な行為」はどこが違うのか。辞書で「わいせつ」を引くと「みだら」と書いてあり「みだら」を引くと「わいせつ」と書いてある。辞書としては同一。ニュースでの使用は次のように区別されているとされる。

みだらな行為=性交
わいせつな行為=いわゆるBまで

また被害者が「美人OL」と報道された場合、ほとんどはそうでもない。

信じるか信じないかはあなた次第です。



●緊急地震速報があの音になった理由 カンニング竹山

2011年の311以降、テレビから緊急地震速報の音が流れることが多くなった。この音はもともとNHKが東大の名誉教授に作成を依頼したもの。NHKの条件として、色々な雑音があっても、老人でも子供でも気付ける音という依頼があった。元の音は日本のある作曲家が作曲したクラシックの曲。

※伊福部昭 シンフォニア・タプカーラ 第三楽章 冒頭部分6秒〜

この部分から5つの音を抜粋して緊急地震速報の音を作成した。

ところが他にも原曲の候補はあり、「ゴジラのテーマ」も候補となっていた。


ゴジラのテーマとシンフォニア・タプカーラの曲は良く似ている。

それもそのはず、同じ作曲家、伊福部昭が作曲しているのである。また緊急地震速報を作曲した東大名誉教授の名は伊福部達。伊福部昭の甥である。

伊福部達は小さい頃から叔父の作曲した「ゴジラのテーマ」をよく聞いていた。地震=ゴジラのイメージがあった。

NHKはもう一つ重要な音源を持っている。それが「国民保護サイレン」である。これは日本に他国からミサイルが飛んできたときに流すサイレンである。今日の番組では流せないが、スタジオ内だけに特別に流した。

その音がこれである。

WMP形式
http://www.kokuminhogo.go.jp/img/siren.wvx

REAL形式
http://www.kokuminhogo.go.jp/img/siren.ram

国民保護のための情報伝達の手段 - 内閣官房 国民保護ポータルサイト
http://www.kokuminhogo.go.jp/arekore/shudan.html

この音がTVから流れてきたときは外国からミサイル攻撃を受ける直前だということ。日本がこの音を聞くことの無いように平和を祈るばかりである。



●満月の力が人るに与える怖い法則 島田秀平

月は人間の心理や動物の行動、自然現象に作用を及ぼすことは良く知られている。

満月の日は事件事故が多い、ムラムラするなどということは良く聞くことである。アメリカの精神医学者の報告によれば満月の日は殺人事件が1.5倍に増加するという。ニューヨークの街に限って言えば、満月の日は放火事件も2倍に増加する。

女性の身体も月の満ち欠けのサイクルと同期している。

また、月の満ち欠けはお金の動き、株価とも連動している。2011年3月から11月の日本の株価の表を見ると波があるが、株価の山は新月にあり、谷は満月にほぼ一致する。特に311の震災以降の数ヶ月は株価と月の満ち欠けが完全に一致してしまっていた。月の動きは人間の心理に作用するので震災以降不安な気持ちが高まり月の満ち欠けと株価が一致したのではないか。満月に向かい不安な気持ちが高まると株を手放したのかも知れない。

昔から運の良い人とか成功した人は月の動きに合わせて生活をしていた、と知っていたらしい。月を味方につけている。だから、運の良い人を「ツキが有る」というのである。

信じるか信じないかはあなた次第です。

【関連記事】
ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル2012春 (その5)
ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル2012春 (その4)イスラエルとフリーメイソン。そして…
ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル2012春 (その3)キリスト処刑の地に隠された謎。
ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル2012春 (その2)日本とユダヤの隠されたつながり
ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル2012春 (その1)

スポンサードリンク

posted by 桜 真太郎 at 23:56 | Comment(0) | 都市伝説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: