2012年04月08日

ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル2012春 (その3) キリスト処刑の地に隠された謎

イスラエル都市伝説ファイルA キリスト処刑の地に隠された謎。

エルサレムにはキリストが十字架に磔になり処刑された「ゴルゴダの丘」がある。関はキリストが処刑されたゴルゴダの丘の上に建造された「聖墳墓教会」を訪れた。


キリストが処刑された場所は、教会に入ってすぐ右手の階段を上がったところにある。階段を上るって少し進むときらびやかな祭壇があり、十字架に磔にされたキリスト像がある。


祭壇の下には円盤状の金属に穴が開いた小さな祭壇が設置されており、穴に手を入れると丘に触ることができる。関が手を入れると、中の石に手が触れた。


数十億人の信者を有するキリスト教の聖地に訪れたMr.都市伝説、関の真の目的は…?

磔にかけられたキリストが十字架から降ろされて安置された場所がある。その反対側、真正面には一体何があるのか?

そこには、黄金のピラミッドアイの装飾品があった。


キリスト教の聖地にある「ヤーハウェ」。一体それは何を意味するのか?

そして我々日本人との関わりはあるのか?

さらに関は処刑されたキリストが運び出された安置され、後に復活したという場所へ向かう。鉄製の格子で守られた入り口を入ると、石灰岩の小さな石室がある。キリストが安置された石室の壁には「Α:アルファ」「ω:オメガ」の文字と十字架が描かれていた。その上には「IC:イエス」「KC:キリスト」の文字があった。


キリスト復活の奇跡が起きた場所にやりすぎのカメラが入ることはとても大事。(笑い)

謎多きキリストの死。

Mr.都市伝説、関が次に向かったのはレオナルド・ダ・ビンチの描いた「最後の晩餐」の舞台となった実際の部屋。この部屋が、キリストが最後の晩餐をした部屋である。


この部屋にはあるメッセージが隠されていると関は言う。

そこにはイスラム教のモスクの痕跡があった。最初、十字軍が建てた建物は、その後イスラムのモスクに改築され使用されていた。その証拠に数々のアラビア語が刻まれている。

キリストとイスラムが交わる部屋。大事なのはその下。そこにもう一つ部屋がある。そこに何があるのか?

階段を下りていく関。そこにはイスラエルを建国したダビデ王の墓があった。キリストが生まれる約1000年前の古代イスラエルの王。なんと最後の晩餐が行われた真下の部屋にダビデ王の墓があった。

これがダビデ王の棺である。


ここでは「キリスト」「ユダヤ」「イスラム」が一つになっている。

その3つが一つになった紋章がある。

それがフリーメイソン。

【関連記事】
ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル2012春 (その5)
ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル2012春 (その4)イスラエルとフリーメイソン。そして…
ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル2012春 (その3)キリスト処刑の地に隠された謎。
ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル2012春 (その2)日本とユダヤの隠されたつながり
ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル2012春 (その1)

スポンサードリンク

posted by 桜 真太郎 at 10:38 | Comment(0) | 都市伝説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: