2012年08月31日

ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル 2012夏 (その1)

ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル 2012夏
(やりすぎ.JP公式サイトはこちら。)

テレビ東京・テレビ大阪系 2012年8月31日(金) 21:00 〜 22:48

司会:今田耕司 / 東野幸治 / 千原兄弟 / 野性爆弾 / 相内優香(テレビ東京アナウンサー)

都市伝説テラー:Mr.都市伝説 関暁夫 / アンタッチャブル柴田 / カンニング竹山 / サンドウィッチマン富澤 / ドランクドラゴン鈴木 / 島田秀平 / ヒカリゴケ国沢 / レイザーラモンRG / 北芝健 / 大野和基 / 千鳥・大悟

ゲスト:的場浩司 / YOU / 南海キャンディーズ・しずちゃん / 友近 / 斎藤工 / クリス松村 / ローラ

やりすぎ都市伝説・2時間スペシャル!

Mr.都市伝説・関がオーストリアへ飛び、さらに緊迫するセルビア・コソボへ!フリーメイソンの中のもうひとつの秘密結社、イルミナティの謎に迫る!紐解かれる事実と宇宙とのつながり…。2012年地球滅亡説…そして新時代とは!?

春に引き続き、やりすぎ都市伝説スペシャルを見ました。例により備忘録を兼ねてまとめてみました。



●全米を震撼させたゾンビ事件 カンニング竹山

2012年5月29日、アメリカ、マイアミ、クリーウェイでホームレスが全裸の男に顔を食いちぎられる事件があった。犯人は射殺されるまで、18分間も被害者の顔を食べ続けていた。

※AFPBの当該事件の報道(日本語)

このほかにもアメリカでは5月、6月に同じような事件が多発している。

5月29日 メリーランド州 被害者を殺害し、脳と心臓を食べてしまう事件。

6月2日 ルイジアナ州 隣人を襲い頬の肉を噛み千切る事件

6月12日 ニューヨーク 女性が息子を殴ったうえ、近所の人に襲い掛かる事件。

6月14日 テキサス州 同居人の愛犬を噛み殺すという事件

多発した事件の容疑者は全員、ある脱法ドラッグを使用していた。この一連の事件をアメリカでは「ゾンビドラッグ事件」と呼んでいる。これは一般に報道されている。

しかし、途中から警察の発表が、「脱法ドラッグ」が原因というものから、ある「違法薬物」が原因であると変化してきた。

だが、専門家の指摘によれば、その違法薬物の摂取によりこのような事件を引き起こすことは無いという。

原因が違法薬物であれば、なぜ犯人を射殺するのか?

顔を食いちぎられたホームレスの男も、死亡はしておらず、現在も治療中である。なぜ、警察はその場で射殺をしたのか?

アトランタのCDC(アメリカ疾病予防管理センター)は5月にウェブサイトである告知をしていた。それはゾンビに対する警告である。

※告知のポスター  FOXニュース(英語)  CDC公式の告知

このCDCの警告はゾンビに対する警告になぞらえて、感染症に対する警告を発したものであった。この警告が発せられたのが5月の中旬であり、そしてこの警告の後にアメリカでゾンビ事件が続発した。

※CDCのゾンビ警告は2011年5月11日、事件は2012年5月下旬からなので、実際は1年の期間がある。

CDCは疾病予防の研究をしているところだが、軍事的な細菌兵器などの研究をしているとの噂もある。一説によると、人間をゾンビ化する薬かウイルスがここから漏れ出したのではないか、とも言われている。そしてそれを服用した人がどんどんゾンビ化してこのような事件を起こしたのではないか。

では、なぜ人間をゾンビ化する研究を行う必要があるのだろうか?

現在の戦争では最新の兵器で戦うため、人間が直接戦うことは少ない。しかし、占領や特殊作戦など歩兵以外には遂行できない任務も存在する。そのような時にランボーのような超兵士が必要になる。その研究をしていたのではないか。

この薬かウイルスが漏れてしまったことが事前にわかっていたために、CDCはこのようなゾンビに例えた警告を発していたのかもしれない。

信じるか信じないかはあなた次第です。



●家紋に込められた怨念 オリエンタルラジオ中田

日本で一番高貴な家紋はご承知のように16弁の菊花紋。皇室の紋章である。その次とされるのが桐紋。戦国武将の豊臣秀吉が使っていた紋章である。桐紋は非常に位が高く、武士の中では秀吉が初めて天皇家から紋を賜った。

現代日本で桐紋を使用している人物がいる。それは総理大臣である。総理大臣の記者会見の演台には桐紋がついている。これは官房長官の会見の時にはついていいない。


※桐花紋(五七の桐)のついた演台で話す麻生総理大臣。


※首相官邸の桐花紋使用Q&Aにある画像。

硬貨の500円玉にも桐紋は刻まれている。日本人は必ず桐の紋を見たことがある。


徳川が倒れて明治維新が起こった後に、なぜ豊臣の家紋を使用しているのか?

明治維新の新政府発足の頃の総理大臣は、主に二つの藩、薩摩と長州から交代で出ていた。では薩摩、長州とはどのような藩であったか。

関ヶ原の戦いで勝利した徳川家康が幕府を樹立し政権を手に入れた。敗北した石田光成率いる豊臣軍には、薩摩藩の島津家、長州の毛利家がいた。

とすると、明治維新は薩摩、長州の300年越しの豊臣家の復讐ととらえることもできる。

それを示すため、明治になって新政府を樹立したマークに豊臣家の紋章、桐紋を使用したのである。

信じるか信じないかはあなた次第です。

【関連リンク】
首相官邸 桐花紋使用についての解説 政府の公式見解。
桐紋 - Wikipedia 桐紋の解説。
国章 - Wikipedia 日本の国章についての解説。菊花紋、桐紋が国の紋章としている。



●日本通貨の隠し文字 千原ジュニア

500円硬貨の500の文字を斜めにして見ると0の中に「500円」の文字が浮かび上がる。

※潜像が浮かび上がった500円硬貨。このような加工は「隠し文字」ではなく「潜像加工」と呼びます。造幣局の偽造対策のページで解説されています。

日本の通貨にはこのような隠し文字が様々にちりばめられている。

1000円札。すごくちいさなカタカナで「ニホン」と入っている。裏面右上の小さな桜の花の中に左から「ニホン」が隠されている。


表面すかしの周囲にも「ニホン」が印刷されている。

5千円、1万円にも同じように文字が隠されている。

信じるか信じないかはあなた次第です。

【関連リンク】
造幣局の事業 偽造対策の4つのポイント(潜像) 独立行政法人造幣局の公式解説。
紙幣の中の微小文字(ニホン)  各紙幣の隠し文字の拡大写真あり。



●オウム事件に隠された恐るべき計画 北芝健(元警視庁公安刑事)

17年前に遡るオウム事件。今年の6月に相次いで元幹部の菊池直子容疑者、高橋克也容疑者が逮捕された。

オウム真理教元教祖の松本 智津夫(麻原彰晃)死刑囚は刑が確定してからすでに6年が経過しているのに、なぜ死刑が執行されないのだろうか。

それは刑を執行するよりも、保留しておくことに国家としてメリットがあるからである。松本サリン事件、地下鉄サリン事件の先に計画されていたシナリオがある。

その計画とはオウム真理教のテロに併せて、北朝鮮軍が上陸を計画していたのである。オウムが先遣隊となって東京の中枢を毒ガスのサリンで壊滅をさせる。首相官邸、警察の中枢たる霞が関、これらの機能をすべてサリンで麻痺させる。

首都機能が壊滅したところで、北朝鮮が秋田県の海岸から侵入をする。秋田県のある海岸は北朝鮮の日本侵入の最重要地点となっており、工作員が繰り返し上陸しては物資を隠している。

そして、日本の首都がマヒした状態で自衛隊と戦火を交える計画があった。

オウム真理教と北朝鮮は、当時、化学物質の精製等で密接な関係があった。もし、アメリカ軍、韓国軍の参戦があった場合には北朝鮮は中国軍に応援をする予定であった。日本で4か国が戦火を交える大参事が起こり、国土が焦土となる恐れがあった。

では、これがオウム真理教にどのようなメリットがあるのであろうか?

松本 智津夫(麻原彰晃)死刑囚はかねてより最終戦争、ハルマゲドンの予言を行っていた。そのハルマゲドンを実際に引き起こすことにより、予言を的中させる目的であった。

このような情報を引き出すために、死刑執行がなされていないのである。

では松本死刑囚の死刑執行はいつになるのか?

一説によると政権交代後(自民党が再び政権を取った後)ではないかとも言われてる。

信じるか信じないかはあなた次第です。



●対北朝鮮用日本海沿岸の警備 千原せいじ

拉致被害者が日本に帰国した時に、日本海の海岸のあるポイント、ポイントに警察官が一斉に並んで警備を行った。

今までは公安が密かに警備を行っていたが、北朝鮮による拉致が明らかになったので、警備は警察に引き継がれた。

日本海側にはそのようなポイントが点々とある。違法な品物が密輸される地点が日本海側には100か所も存在する。当然、物品と一緒に人も入ってくる。四方を海に囲まれた日本の特性上やむを得ないことではあるが、公安はそのすべての地点を把握している。



●オオカミが地球を救う アンタッチャブル柴田

※雪原を疾駆するハイイロオオカミ。

食物連鎖。生態系を形作る生き物のピラミッド。近年その食物連鎖が崩れてきているといわれている。

それを救う救世主がいた。それは狼である。

オオカミは嫌われ者のイメージがある。童話(あかずきん、三匹の子豚など)にしても悪者のイメージがある。

狼は嫌われ者で全世界で駆除しようという動きがある。日本にいたニホンオオカミも100年ほど前に絶滅してしまった。

その結果、世界はどうなったか?

草食動物である鹿やヤギが増殖し、植物を食い荒らすようになってしまった。その結果、草木がなくなり生態系の上位に位置する生物たちが次々と姿を消してしまった。

鹿の食害は日本でも深刻であり、37都道府県で年間50億円もの被害が出ている。2012年5月18日の東京新聞には、尾瀬の水芭蕉2万株がシカの食害で壊滅状態になったことが報道された。これは尾瀬のミズバショウの8割に相当する。高知県と徳島県の県境の山では食害によりほとんどハゲ山のような状態になっている場所もある。

鹿は基本的に一夫多妻制でメスが沢山の仔を生んでしまう。この状態が続くと日本の山はどんどん剥げていってしまう。

狼の良いところは一つの群れで1000平方kmのエリアをカバーしてくれることである。幅10km、長さ100kmのエリアを狩場としてカバーしてくれる。100kmと言えば新宿から熱海までの距離に相当する。広範囲を一つの群れが移動する。

北米のイエローストーン国立公園では食害対策で実際に狼の導入を行って成果を上げている。面積9千平方kmの国立公園。ヘラジカの食害が深刻で、2万頭にも増加してしまった。実験でハイイロオオカミを14頭放ったところ、数年でヘラジカは半減した。それにより草木が戻り、生態系が復活した。

オオカミ増加の心配はないのか?

鹿が減ればエサも無くなり、狼も自然に減少するのでその心配はない。現在は鹿は1万頭くらいでバランスが取れている。

日本にもオオカミを導入することで、シカの食害を減少させ生態系を安定させることができるかも知れない。

信じるか信じないかはあなた次第です。

オオカミが人を襲う心配はないのだろうか?

基本的には狼は人を襲わないとされている。人間が狼を攻撃すると反撃されることはある。



●日本に届いた宇宙からのメッセージ サンドウイッチマン富澤


ここ1〜2年、日本でUFOの目撃情報が激増している。最近話題のUFO目撃映像がこれだ。2011年5月8日に新宿で撮影された。青空に多数のUFOが飛んでいて、女性が「朝日新聞に電話して! UFOだよ、UFO、読売新聞!」と叫んでいる。

なぜ日本で、多数のUFO目撃されるのか?

それは、惑星探査機ボイジャーが関係している。1977年にアメリカで打ち上げられ、現在も太陽系から外宇宙に向かって飛び続けている。



※惑星探査機ボイジャーのイメージ映像。NASA公式サイトVoyager - Planetary Voyageより。

ボイジャーには惑星探査の他にも重要な目的があり、それは地球外生命体との接触である。

ボイジャーにはゴールデンレコードと呼ばれるディスクが搭載されている。この中には地球の様々な情報が記録されている。

※ボイジャー1号、2号に搭載されているゴールデン・レコード。

ゴールデンレコード作成の責任者は、実は日本人であった。この方を仮にSさんとする。Sさんは現在大学の教授をしている。Sさんはこのレコードを作るときにNASAとある契約をしていた。

それは、宇宙人からメッセージが届いたらアメリカ大統領よりも先に、Sさんに知らせるというものである。

もうすでにボイジャーは宇宙人と接触していて、それをSさんに知らせるために多数のUFOが、日本に来ているのである。

もし、宇宙人が地球に最初に姿を現すとすれば、それは日出づる国、日本かもしれないのである。

信じるか信じないかは、あなた次第です。

【関連リンク】
ボイジャー計画 - Wikipedia 日本語も十分な内容。無論、英語の方が詳しい。
ボイジャーのゴールデンレコード - Wikipedia 英語と同等程度の詳しい内容です。



●的場浩司が遭遇した宇宙人 的場浩司

昔、友人の運転する車に乗っていた時のこと。ショッピングセンター前の赤信号で停車し、助手席からふと横を見ると、金髪で緑色の皮膚をした母親と男の子を目撃した。

有人にそれを言うと友人も気づいて、青信号で進んだ後Uターンして元の場所に戻った。その時にはもういなかった。

それが友人たちの間で話題になり、「ゴム男を探せ!」ということで探したが、しばらくは見つからなかった。

しばらくたって忘れかけた、夏祭りの夜、前からステテコをはいてステッキを持ったおじいさんの緑男を見つけた。それも一瞬のことで的場以外誰も見ることができなかった。

それ以降、その緑色の皮膚をした人物は見ていない。

信じるか信じないかは、あなた次第です。



●友近の母が目撃したUFO 友近

ある夜、母親が寝ていたら家が強烈に明るい光で照らされた。何かと思って見ると、隣地の空き地に巨大なUFOが下りてきていた。

母親が「どうしたの、私を連れにきたの?」と聞くと、UFOからは「いや、給油をしに来た。」との答えが返ってきた。

その後、見る間にUFOは上昇し夜空に消えてしまった。

翌朝、その空地を見に行くと何の痕跡もなかった。

しかし、3年後、その空地には目撃したUFOとそっくりの建造物、ぼっちゃんスタジアムが建設された。

ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル 2012夏 (その2)。
オーストリア都市伝説ファイル@もうひとつの秘密結社 へ続く。

【関連記事】
ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル2012夏(その6)
ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル2012夏(その5)セルビア正教会に隠された人類の本当の歴史
ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル2012夏(その4)新時代エネルギーの黒幕とは
ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル2012夏(その3)オーストリア都市伝説ファイルA 闇に葬られた天才科学者 ニコラ・テスラ
ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル2012夏(その2)オーストリア都市伝説ファイル@もうひとつの秘密結社
ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル2012夏(その1)

スポンサードリンク

posted by 桜 真太郎 at 23:26 | Comment(0) | 都市伝説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: