2014年10月20日

南極のヒト型UMA ニンゲン

nankyoku_ningen01.jpg
※南極のヒト型UMAニンゲンのイメージ画像

南極のヒト型UMAニンゲン。調査捕鯨船の船員により目撃されたという、体長数十メートル、全身が白く南極海にいるというヒト型のUMAです。様々なタイプがあるとされています。人間同様両手両足がそろっているもの、五本指の両手があり足がヒレになっているもの、人間の上半身が連結したような形になっているものなどが挙げられています。

このUMAが初めて世間に知られたのは2002年5月11日、2ちゃんねるのオカルト板にある、「巨大魚・怪魚」スレに「バイト君」を名乗る人物が情報を書き込んだことによります。

巨大魚・怪魚
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1020495008/
68 名前:バイト君[ ] 投稿日:02/05/11(土) 13:21
日本政府が行っている南極周辺海域での「調査捕鯨」では、
鯨の捕獲調査だけでなく、捕獲しない種類の鯨も調査し、記録しているそうです。
そこで、公に出来ない「ある物体」が数年前から目撃されているそうなのです。
ソースは関係者から直接。
その物体とは、調査捕鯨関係者の間で「人型物体」と名付けられているもので、
タイプがいくつかあるそうで、人間の形(五体あり)とか、人間の上半身が二つ
連結された形とか、数タイプあり、鯨と同じように水中から現れるらしい。
全身真っ白で、全長数十メートル。数年前以前の捕鯨を行っていた時代には誰も
見たことがなかったらしい。
情報を公にすると、現在の調査捕鯨の科学的信憑性がひっくり返るとかで、
「非常に困惑している」とのこと。
記録だけ付けているそうですが、積極的に探索したりはしていないらしい。
(調査スケジュールが外国との間の国際委員会に提出されているので、動かせないということ)
「ヨタ話として他人に喋ってもいいよ。ただ、俺から聞いたとは言わないように。どうせ、他の連中も喋ってるはずだけど」
だそうです。

73 名前:バイト君[ ] 投稿日:02/05/11(土) 13:32
>>69
「生き物とは思えない。最初はどこかの国の潜水艦かと思ったけど」
だそうです。
船の近くには出てこない、接近すると潜ってしまうそうなのですが、
画像を拡大すると、表面はつるつるしているようで、しかし、割と不定形で
人工物ではないようだとのこと。
不思議というか、作り話にしても妙にディティールが凝った話なので
必死に訊いたのですが、
「あれはたぶん、神様とかそんなモンだよ」と言っていました。
話の真偽はともかくとして、その話を聞いたのは事実。
ネタではありません。
他に、この話聞いたことのある方がいたらお願いします。
(スレ立てた方がいいのかな)

82 名前:バイト君[ ] 投稿日:02/05/11(土) 13:53
>>77
季節は夏(日本が冬の間)でしょう。
夜に現れることが多いそうです。(聞いたのを思い出しました)
ただ、夜間は鯨の調査をやっていないらしく、それが出てくると
夜間の当直者が他のメンバーを起こして回るらしい。
写真に撮っても海に浮かんだ氷(氷山?)のようにしか見えない(近くで撮れない)
のと、調査関係の写真は一切流出禁止ということらしいです。(グリーンピースとかの対策で)

調査船団に同行しているカメラマンがかなり粘って撮影しようとしたそうですが、
あまり良い写真は撮られてないはず、と言っていました。
(暗視カメラとか、赤外線フィルムとか、そういう手段でしょうか。)

もう、本当に出かけるのでまた。
(つい、一昨日聞いた話なんですが、どの板に書き込むべきか考えていました。)。

これらいくつかの書き込みを残して、バイト君は消えましたが、今までに全く知られていなかったUMAの情報で掲示板は盛り上がり、専用のスレまで立てられました。

〜南極周辺海域【人型物体】真っ白で全長数十メートル〜
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1021118373/
この後、スレは8くらいまで続きます。

その後、ネット上で徐々に知られていくようになり、オカルトライターの飛鳥昭雄氏が雑誌ムーで記事にしたり、自身の著書に記載したことから一般にも広く知られるようになりました。

21世紀の都市伝説にふさわしい、2ちゃんねる発のUMAです。

もともと、海のヒト型UMA妖怪には海坊主、海座頭などがあり、クジラの脂肪が海岸に流れ着いたブロブなど、話が膨らむ背景はありました。立派に成長した南極のニンゲンはWikipediaも複数言語で作られています。

南極のニンゲン - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%A5%B5%E3%81%AE%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%B3

私がこの話を聞いて、最初に思ったのは、人類進化の過程でヒトが無毛で二足歩行になったのは、水中生活をしていた時期があるからではないかという説、「アクア説(水生類人猿説)」でした。

水生類人猿説 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E7%94%9F%E9%A1%9E%E4%BA%BA%E7%8C%BF%E8%AA%AC

アクア説はヒトが二足歩行をして無毛になった理由、厚い皮下脂肪を持った理由などをうまく説明できていますが、反論も多く有力な説とはなっていません。

しかし、もし、人類が一時期水中生活を行っていて、再び陸上に戻ったグループと、そのまま水中に残ったグループがあったとしたらどうでしょう。牛の仲間であるクジラが巨大化したのと同じように、人間もまた水中で巨大化したと考えることもできます。これは当時の2chのスレにも書き込みました。科学的にはトンデモ説かも知れませんが、オカルト的には興味深い説です。

最近の南極のニンゲンのまとめ等を見ても、2chから発祥したUMAということが書かれているものが少なかったので、現場に立ち会っていたものとして、改めて記録の意味を込めて記事にしました。

最後に南極のヒト型UMAニンゲンの画像をいくつかピックアップしてみました。nankyoku_ningen02.jpg
※初期の頃に作られた南極のヒト型UMAニンゲンのイメージ その1

nankyoku_ningen03.jpg
※初期の頃に作られた南極のヒト型UMAニンゲンのイメージ その2

nankyoku_ningen04.jpg
※初期の頃に作られた南極のヒト型UMAニンゲンのイメージ その3

nankyoku_ningen05.jpg
※Google Earthに写ったヒト型UMAニンゲンのイメージ。27°36'14.48"s,15°29'19.77"e の座標にあったそうですが今は見えません。

SokoTouriMasuyo.jpg
※2chで昔人気のあったAA「ちょっとここ通りますよ」を南極のニンゲン風にした画像。


   /⌒ヽ
  / ´_ゝ`)すいません、ちょっと通りますよ・・・
  |    /
  | /| |
  // | |
 U  .U


【関連リンク】
南極のニンゲン - Wikipedia wikiもできています。中国とイタリアは何も知らずかわいそうに、上記「ちょっと通りますよAA」型の画像を表示しています。
nankyoku_ningen06.jpg
※中国語、イタリア語のWikiに表示されているニンゲンの画像。ご愁傷様です。

スポンサードリンク

posted by 桜 真太郎 at 22:26 | Comment(0) | UMA

2013年12月15日

奇妙な漂着動物・UMA・クリーチャー TOP10

奇妙な漂着動物・UMA・クリーチャー TOP10

以前にモントークモンスターとパナマクリーチャーの記事を書きましたが、欧米ではこの事件がきっかけになったのか、漂着した様々なクリーチャーやUMAがニュースになっています。

そこで目に付いたものをまとめてみました。TOP10となっていますが10以上ありますし、順位は適当です(笑)。ソースのわかる物はリンクを貼ってありますが不明なものもあります。また、一部、日本語のソースもありますがほとんどのソースが英語です。

ただし、本当に謎のクリーチャーは少なく、正体の予想が付くものが多くなっています。

No.1 英国 キャンベイ島のモンスター

出典:top5s.net

1954年イギリスのキャンベイ島の海岸に打ち上げられた珍しい生物に「キャンベイ島のモンスター」 "The Canvey Island Monster" の名前が付けられました。この生物は次に1955年にも見つかりました。1954年の標本は体長76cm、厚手の赤みを帯びた褐色の肌と膨らんだ目とエラを持っており、二足歩行に適しているように見えました。後ろ脚は凹面のアーチを備えた馬蹄形で5本指の足を持っていた。しかし、前肢は有りませんでした。それは国民に危険が無いと動物学者が説明した後、焼却されました。

1955年に見つかった標本は最初のものよりはるかに大きく、体長120cm、重さ11.3kgでした。公式にそれは何だったか、あるいは、何が死骸に起こったかに関して十分な説明の時間はありませんでしたが、その目、鼻孔および歯が研究対象としては十分に新しいものでした。

大きな画像はこちら。(1632×1224pixel)

キャンベイ島のモンスターにはwikiもあり、イラスト画像もありますが、この写真との関連は不明です。

【関連リンク】
Canvey Island Monster - Wikipedia



No.2 英国 アバディーン ドン橋の怪物



出典:dailymail.co.uk

2011年7月、英国スコットランド、アバディーンの海岸を犬を連れたカップルが散歩していて見つけた怪物。モササウルスのような姿です。体長は9.1m。

自然史博物館の学芸員の話によれば、長期間漂流したコビレゴンドウクジラではないか、ということです。ロンドン動物園の海洋生物の専門家ロブ・デビルはシャチかそれより小型のゴンドウクジラの一種ではないかと話しました。

これは小型鯨のようです。



No.3 米国 ニューヨーク州 マンハッタン・モンスター



※マンハッタンモンスターの遠景。ブルックリン橋のたもとで、遠くにニューヨークの高層ビルが見えます。

出典:nydailynews.com

2012年7月25日、前の週末にニューヨーク・イーストリバーを散歩していた写真家、デニス・ギンリーがブルックリン橋の下で発見した怪物。イーストリバーの怪物とも呼ばれ、ニューヨーカーを困惑させました。

モントークモンスターの発見された場所はニューヨークからも近いため、住人は敏感になっていたのかも知れません。

廃棄された調理済みの豚の可能性も指摘されましたが、足に蹄が無いことから明らかに異なります。専門家は異常な大きさの齧歯類(ネズミの仲間)か、膨らんだ小型犬ではないかと指摘しています。



No.4 英国 ウェールズ州 テンビーの獣

出典:huffingtonpost.com

2013年2月28日、英国ウェールズの海岸で発見された謎の獣。馬の頭に豚の胴体を持つな異様な姿です。

地域住民が27日に発見しFaceBookに写真を掲載したところ大反響となり、ネット上で議論が行われました。2012年7月のマンハッタン・モンスター、2008年ロングアイランドのモントークモンスターにとの類似性も指摘され、議論が盛り上がりました。

専門家はアナグマではないかと指摘しています。



No.5 米国 ニューヨーク州 モントーク・モンスター

出典:ja.wikipedia.org

2008年ニューヨーク州ロングアイランドのモントーク岬で、死体となって砂浜に打ち上げられていた怪物。

これはまとめ済みなので「モントークモンスターとパナマクリーチャーの謎」の記事を参照してください。

この怪物の騒動により、漂着したクリーチャーやUMAがニュースになるようになりました。

正体はアライグマです。



No.6 オーストラリア ディガー・ビーチの怪物

出典:coffscoastadvocate.com.au

オーストラリア、ニューサウスウェールズ州コフスハーバー近くのディガー海岸で発見されたクリーチャー。体長は60cmあまり、2011年のオーストラリアの父の日(9月4日)にサーファーが発見しました。

どう見てもサルに見えますが、ここに問題が一つあります。オーストラリアには野生のサルが生息していないのです。またペットとして買うことも法律で禁止されており、動物園等、オーストラリア国内にいる猿はすべて登録されています。

専門家はナマケモノやフクロギツネの可能性を指摘していますが似ていません。どこかで違法に飼われていた猿が逃げ出したものでしょうか。

クリーチャーというよりも「場違いな動物」です。



No.7 巨大海蛇のような謎の怪物

出典:youtube.com

この動画しかソースのない謎の怪物。データは一切不明ですが、カリフォルニアに住む女性から送信された画像ということです。

巨大モンスターでインパクトは相当あります。



No.8 米国 アラスカ州 不可思議なクリーチャー

出典:youtube.com

2008年にアラスカ州の海岸に漂着したクリーチャー。これも動画ソースしかありません。クジラ類と言うよりも、アザラシ、セイウチ類のように見えます。

アザラシ類は肌がピンク色になるところも似ています。



No.9 米国 サウスカロライナ州 謎のクリーチャー

出典:dailymail.co.uk

米国サウスカロライナ州の海岸に2012年3月に漂着した謎のクリーチャー。体長3m、重さ130kg以上はあります。

恐竜時代に生息した甲骨魚類のようにも見えますが、正体は一体何でしょうか?

サウスカロライナ水族館の獣医により、巨大な大西洋チョウザメと同定されました。

最大級の魚であるチョウザメも流れ着くとクリーチャーに見えてしまうものですね。

余談ですが、背景にある3軒の家は海岸前でとても良さそうなお宅です。



No.10 カナダ オンタリオ州 新たなモントーク・モンスター



出典:dailymail.co.uk

2010年5月、カナダ オンタリオ州の小さな町キッチャンナメイクージ "Kitchenuhmaykoosib" の湖の傍で見つかったクリーチャー。この町はビッグ・トラウト湖という琵琶湖ほどもある大きな湖に面している町です。

犬と散歩していた二人の看護師により発見されました。水中に沈んでいるクリーチャーに犬が気づき、湖に飛び込んだところを、足を持って引き上げたそうです。

これも、モントークモンスターに似ているということで話題になりニュースになりました。

正体はカワウソかイタチの仲間であると推測されています。



No.11 チリの海岸で発見されたブロブ



出典:en.wikipedia.org

2003年7月、南米チリのピヌノ海岸で発見されたブロブ。大きさは12m。謎の巨大タコかイカと思われていましたが、遺伝子鑑定によりマッコウクジラの脂肪と鑑定されました。

ブロブと言えば映画「人食いアメーバの恐怖」が思い出されます。この映画の原題が「The BLOB」でした。日本語版DVDのタイトルは「マックイーンの絶対の危機 デジタル・リマスター版 [DVD]」となっており、若き日のスティーブ・マックイーンが出演しています。




No.12 カナダのニューネッシー

2012年にカナダの海岸に打ち上げられたクリーチャー。詳細不明、ソース不明の画像です。

1977年に日本のトロール船「瑞洋丸」が太平洋上(ニュージーランドのクライストチャーチより東へ約50km離れた海域)で引き揚げた、巨大なニューネッシーに良く似ています。

※ニューネッシーの画像

【参考】 ニューネッシー - Wikipedia

モントークモンスター、パナマクリーチャーの発見で欧米の人々の漂着動物への意識が高まったことと、スマホとフェイスブック、ツイッターなどの発達で今までニュースにならないか、なっても地方ニュースでしかなかったものが世界的に話題になるようになりました。

ミステリーファンとしてはうれしいところですが、正体のはっきりわかるものまでニュースになるのはいかがと思います。

私はNo.1 キャンベイ島のモンスターとNo.7 巨大海蛇のような謎の怪物が一番興味を惹かれました。

みなさまはいかがだったでしょうか?

スポンサードリンク

posted by 桜 真太郎 at 16:26 | Comment(0) | UMA