2013年12月24日

ブルガリアの予言者 ババ・ヴァンガ "Baba Vanga"


※ブルガリアの予言者 ババ・ヴァンガ

ババ・ヴァンガ(英語:Baba Vanga、ブルガリア語: баба Ванга)

1991年1月31日〜1996年8月11日。

生まれた時の名前はヴァンゲリア・パンディーバ・ディミトローヴァ(英語:Vangelia Pandeva Dimitrova、ブルガリア語:Вангелия Пандева Димитрова)

結婚後はヴァンゲリア・ガステローヴァ(英語:Vangelia Gushterova、ブルガリア語:Вангелия Гущерова)。

ブルガリアでは知らない人はいないと言われる盲目の予言者です。無くなった時には新聞1面のニュースになり、大統領も葬儀に参列しました。

未熟児で生まれ、幼少時は病気がちで、父親が第一次世界大戦に徴兵されたり、母親を幼い頃に亡くすなど苦しい幼少期を過ごしますが、近隣の人たちの助けもあり、青い目と金髪を持つ聡明な少女に成長しました。父親はその後、再婚しています。

彼女の人生の最大の転機となったのは、12歳の時に竜巻に巻き込まれて空中に吸い上げられ、家からかなり離れた野原に落ちたことです。両親と近所の人たちが捜索し、彼女が発見された時には、すでに両目に大量の砂とほこりが入っており、両目を開くことができませんでした。その後、手当を受けますが十分な治療費が無いため、完治することはなく盲目となりました。(しかし、気象記録によるとこの竜巻は確認されていないということです。)

盲学校に進学したバンガは点字、ピアノ、家事、編み物、掃除などを学びます。しかし、継母の死後、弟たちの世話をするために実家に戻ります。実家では一日中家事に追われる生活でした。

1942年5月10日、31歳の時に近くのペトリッチ村のディミタール・ガステローヴァと結婚しました。ディミタールは後にブルガリア軍に徴兵され、アルコール依存症と別の病気により、1962年4月1日に亡くなりました。

※ババ・ヴァンガが暮らしたペトリッチ村の家。

ヴァンガが予言を行うようになったのは身近なものを探すことからでした。最初は父親の羊がいなくなったのを探し当てたことです。この羊は村人に盗まれ、誰も知らない場所に隠されていたのです。

このことが評判となり、村人たちから人探しを頼まれるようになります。徴兵された兄が捕虜になり銃殺されることも予言し、兄の出征を泣いて止めましたが予言通りの結果となってしまいました。

ヴァンガはこの能力の起源を説明することはできませんでした。しかし、目に見えない周りの特別の存在、地球外種族のエイリアンの影響によることを話しています。

ヴァンガの名前を世に広めたのは、1941年4月6日のドイツ軍によるユーゴスラビアの首都ベオグラード空襲の予言を行い的中させたことによります。この後、ブルガリア国王ボリス三世が1943年に亡くなるという予言も的中させ、その名を不動のものとしました。

ブルガリア中に名前が知られると、政治家や知識階級の人たちもヴァンガに相談に訪れるようになりました。第二次世界大戦中にヒトラーもペトリッチ村を訪ねたそうです。自分が世界制覇を成就する日が来るか尋ねたヒトラーに、ヴァンガは即座に否定をしました。

第二次世界大戦が終結し、ブルガリアが共産圏となった後、ヴァンガは政府予算を計上され、国家公認の予言者として認定されました。

※ヴァンガが晩年に建てた教会。特定宗派によらない教会とのこと。

その後もヴァンガは予言を次々と的中させて行きます。西側諸国に名前が知られるようになったのは、2000年8月12日のロシアの原潜クルスクの沈没を予言し、的中させたことです。クルスクの沈没は日本でも大きなニュースになりました。1980年に彼女は次のような予言を残していました。

「世紀の変わり目の1999年か2000年の8月にクルスクが水に覆われ、世界中がそれに涙を流す」。

原文(英語)は次のとおり。"At the turn of the century, in August of 1999 or 2000, Kursk will be covered with water, and the whole world will be weeping over it."

※2000年8月に沈没事故を起こしたロシアの原潜クルスク。

クルスクは第二次世界大戦にドイツ対ソビエト連邦が激しい戦車戦を繰り広げた場所です。洪水の予言かと思われていましたが、実は潜水艦の沈没事故であったのです。

またアメリカの貿易センタービルのテロ事件911についても1989年に予言をしています。

「恐ろしい、何と恐ろしい恐怖! 鉄の鳥の攻撃によってアメリカの仲間たちが落ちるでしょう。茂みで狼達が吠え、無垢な人々の血が流れるでしょう。」

原文(英語)は次の通り。

"Horror, horror! The American brethren will fall after being attacked by the steel birds. The wolves will be howling in a bush, and innocent blood will be gushing."

※炎上する ニューヨーク世界貿易センタービルと突入する2機目の飛行機。

ブルガリアのゲオルギー・ロザノフ博士によりヴァンガの予言の的中率を検証したところ、彼女が得意とする行方不明者の捜索については約80%の精度で的中していました。

ババ・ヴァンガは近未来から5千年先までの予言を残しています。

2010年 第三次世界大戦が2010年11月に始まる。通常兵器により始まった戦いは、核および化学戦争に進む。戦争は2014年10月までに終了する。

2011年 戦争の結果、放射性降下物は北半球でほとんどすべての生命を破壊する。生き残ったヨーロッパの人々は化学兵器を使用するイスラム教徒からの脅威に直面する。

2014年 戦時中の化学物質と核兵器使用の結果、世界中のほとんどの人たちに皮膚癌や皮膚病が蔓延する。

2016年 ヨーロッパはほとんど無人となる。

2018年 中国が新たな超大国となる。搾取されてきた人々が搾取するようになる。

2023年 地球の軌道が変わる。

2025年 ヨーロッパの人口はまだ非常に希薄である。

2028年 新たなエネルギー源が発見される。飢餓が無くなる。人類は金星への有人飛行に出発する。

2033年 両極の氷冠が溶けるとともに、世界の海水面が上昇する。

2043年 経済は好調。イスラム教徒がヨーロッパを動かす。

2046年 肉体の全器官が、最も簡単で最も一般的な治療方法により再生することができる。

2066年 アメリカは、イスラム教徒に支配されたローマに対し気象兵器を使用する。

2076年 共産主義が支配する。

2084年 自然が再生する(??)。

2088年 人が一瞬で老化する新しい病気が発見される。

2097年 人が早く老化する病気が治療される。

2100年 人造太陽が惑星の暗黒面を照らす。

2111年 人々は恐らくアンドロイドのようにロボットになる。

2123年 小さな国々で戦争が起こる。大国はそれに関わりを持たない。

2125年 宇宙からの信号がハンガリーで受信される。(人々はババ・ヴァンガを思い出す。たぶんが彼女が宇宙人に言及したことにより。)

2130年 宇宙人の支援により文明は水中で生き残る。

2164年 動物は半分人間になる。(動物は人間の半分になる?)

2167年 新たな宗教が興る。

2170年 大規模な旱魃。

2183年 火星の植民地が核兵器を保有し地球に対しての独立を求める。アメリカがイギリスに求めたように。

2187年 2つの大きな火山の噴火を止めることに成功する。

2195年 海の植民地がエネルギーと食料を支配する。

2196年 アジア人とヨーロッパ人は完全に混血する。

2201年 太陽の熱核反応が低下するとともに、温度が下がる。

2221年 地球外生命体の捜索で人類は恐ろしいものに遭遇する。

2256年 宇宙船は新しい病気を地球にもたらす。

2262年 惑星はゆっくりと軌道を変更する。火星は彗星に脅かされる。

2271年 物理学の法則が変更される。(物理学の新法則が発見される。)

2273年 白人、黒人、黄色人種が一つの新しい人種となる。(完全に混血する。)

2279年 無から力が得られるようになる。(たぶん、真空またはブラックホールから。)

2288年 時間旅行が可能となり、宇宙人が接触してくる。

2291年 太陽はますます冷えていく。人類は再び熱くする試みを行う。

2296年 太陽で強い爆発が起こる。重力が変化する。古い宇宙ステーションや人口衛星が墜落する。

2299年 フランスでイスラムに対するレジスタンス活動が活発化する。

2302年 宇宙の重要な法則および秘密が明らかにされる。

2304年 月の秘密が明らかにされる。

2341年 恐ろしいものが宇宙から地球に接近する。

2354年 人工太陽の事故で旱魃が起こる。

2371年 世界的な飢饉。

2378年 新しい人種が急成長する。

2480年 二つの人工太陽が衝突し無くなる、そして地球は暗闇に暗闇に包まれる。

3005年 火星との戦争が惑星の軌道を変える。

3010年 彗星が月に衝突する。地球は岩と灰のリングに囲まれる。

3797年 この時までに地球上のすべてが死滅する。しかし、人類の文明は新しい星系に移動できるほど十分発達している。

3803年 少しずつ新惑星に移住が始まる。人々はお互いに出会うことが少なくなる。新しい惑星の気候は、人々の身体に影響を与え彼らは変異する。

3805年 資源を巡っての戦争。人々の半数以上は死に絶える。

3815年 その戦争が終結。

3854年 文明の発展がほとんど止まる。人々は動物のように群れで暮らす。

3871年 新しい予言者が倫理的価値、宗教を人々に伝える。

3874年 新しい予言者は全ての部族の人々から支援を受け、新しい教会を組織する。

3878年 教会は忘れ去られた科学へと、再び人々を導く。

4302年 新しい都市が世界中で発展する。新教会は、新技術と科学の開発を促進する。

4304年 科学の発展。科学者は全ての有機体の病気を治す方法を発見する。

4308年 突然変異により、人はついに自分の脳の34%以上を使用し、完全に悪と憎しみの概念を無くす。

4509年 神と知り合う。人類はついに神とコミュニケーションできるレベルにまで達した。

4599年 人類は不死を達成する。

4674年 文明の発達が頂点に達した。異なる惑星に居住する人々の数は3400億人。宇宙人との同化も始まる。

5076年 それまで誰も知らなかった宇宙の境界を発見する。

5078年 人類の40%が反対するにもかかわらず、宇宙の果てから出て、もう一つの宇宙に行くことが決定する。

5079年 世界が終了する。(現在の宇宙から人類がいなくなるため。)

※予言の一覧はBaba Vanga - Prophecies of the Bulgarian Prophetの翻訳です。他サイトの訳と異なる部分もありますが、頑張って翻訳しました。誤り等あればコメントなどでご指摘ください。


※ヴァンガの墓。


※ヴァンガ生誕100周年を記念して建立されたブロンズ像。


※ヴァンガの予言を記した新聞記事。画像クリックで大きくなります。

もの凄い予言です。終末予言ではなく、楽観的な未来でもない。リアルな年代と具体的な記述。

2011年までの予言で当たっているのか微妙なものもありますが、完全に外れているとも言い難い。

現在を生きている我々は、2046年まで頑張れば全臓器を新品に入れ替えて健康に長生きできる可能性も示唆しています。各種物理法則、自然科学上の新発見、新エネルギーの発見、異星人とのコンタクト、人工太陽の建造と事故、衝撃的な内容が目白押しです。

みなさまは、どのように感じるでしょうか?

【関連リンク】
Baba Vanga - Prophecies of the Bulgarian Prophet ババ・ヴァンガの略歴、予言を的確にまとめ。
Ванга ? Уикипедия ババ・ヴァンガのwiki(ブルガリア語)。英語版と較べて好意的な記述です。
ペトリチ - Wikipedia ババ・ヴァンガが暮らした村。ブルガリア語版の方が詳しい。

スポンサードリンク

posted by 桜 真太郎 at 15:37 | Comment(3) | 心霊

2013年09月20日

体外離脱、幽体離脱とその方法について

 
※ロバート・モンローの最初と最後の著作。画像クリックでAmazonに飛びます。

日本でも「魂が抜ける」「ドッペルゲンガー」「生霊」など肉体から霊魂、魂魄が抜ける現象は古くから報告されています。

これが話題になったのは1980年代にロバート・モンローの「体外への旅」が日本に紹介され、体外離脱の方法が示され、また科学的な検証が行われたことによります。

当時、ムーには何度も幽体離脱が特集され、「実用スペシャル」に体外離脱の方法が紹介されたこともありました。

最近、改めて体外離脱をWEBで検索しましたが、個人的な離脱の方法や、特定の技術について詳しく解説したサイトはあるものの、日本語Wikipediaも含め概括的な説明は見当たりませんでした。一部詳細なサイトもありますが、特定の思想を持っているようです。

英語で調べたら、というか体外離脱、out-of-body experienceのwikipediaが簡潔にまとまっていましたので翻訳してみました。以下wikiの翻訳です。この記事が英語と日本語の情報デバイドを埋める一助になれば幸いです。



体外離脱(out-of-body experience、OBE、OOBE、幽体離脱)は典型的には体外で浮かんでいる感覚を含む経験です。いくつかの事例では、自分の身体を外からもう一つの身体を持った自分が見ている感覚(自観症)です。

out-of-body experience(アウト・オブ・ボディー・エクスペリエンス、体外離脱体験)という用語は、1943年、ジョージN.M.ティレル "George N. M. Tyrrell "が著書「Apparitions(幻影、幽霊)」で使用しました。そしてシーリア・グリーンおよびロバート・モンローのような研究者によって「幽体離脱」「魂の旅」「精神の散歩」を表す用語として採用されました。

研究者ウォールドー・ビエラはこの現象を意識の投射と評しました。体外離脱(OBE)は、脳損傷、感覚遮断、瀕死経験、精神の乖離および幻覚剤、脱水症、睡眠および脳電気刺激、その他のにより引き起こされる場合があることを述べました。

体外離脱はまた、いくつかの方法により意図的に誘導することができます。

科学は現在体外離脱(OBE)を、様々な心理学・神経学的な要因だけから引き起こされる一種の幻覚と考えます。

何人かの超心理学者およびオカルト作家は、魂、精神あるいは神秘体が離れることができ、離れた場所を訪れることができるという証拠として体外離脱を取り上げています。

一般的に普通の人々のうち10人のうち1人は、体外離脱(OBE)を生涯のうちに、一度あるいは数回経験しています。しかし科学者は、まだこの現象(体外離脱)のことをほとんど知りません。




★自動的に起きる体外離脱

●睡眠中
睡眠中の体外離脱は、先行して明晰夢(意識を持った夢。夢の中でこれは夢だとわかっている状態)から発生することが報告されています。多くの場合、体外離脱の経験者は睡眠中、あるいは入眠時にこの現象が起こったことを報告しています。これらのケースの大部分は、睡眠が特に深くならない状況(病気、慣れない部屋、感情的ストレス、過労や疲労、頻繁な再覚醒)にありました。これらのケースのほとんどでは、被験者はその後自らを覚まし、そのうちの約半分は、金縛りを感じていました。

●臨死体験
自動的体外離脱が起きる、もうひとつの場合は臨死体験((NDE、ニアー・デス・エクスペリエンス、near death experience))です。

体外離脱経験者の何人かは、溺死や大手術のような深刻な身体的外傷の際に体外離脱(OBE)を経験したことを報告しています。

●極端な肉体的努力の結果
臨死体験(NDE)と同様、生命の危険を伴うような高高度の登山、マラソン、ランニングなど、肉体を極限まで酷使した際に体外離脱(OBE)を経験することがあります。登山、ランニング中に、同時に二か所に自分が存在し、肉体からの視点と、その上空から歩いたり走ったりしている自分を見ている視点があることがしばしば報告されていることからも明らかです。



★意識的に起こす体外離脱

●精神的な誘導
・明晰夢(意識を保った夢)からの移行。
・金縛り状態からの移行。
・瞑想からの移行。

●機械的な誘導
・脳波を同期させるオーディオ/ヴィジュアル装置を使用。モンロー研究所のバイノーラルビート、へミシンクなど。
・マイケル・パーシンガーによって開発された、脳を電気刺激するゴッド・ヘルメット。
・脳の前庭皮質の直接刺激。
・脳、特に登頂接合の電気刺激。
・感覚遮断。時間と空間の感覚を喪失し見当識障害を起こし、そこから体外離脱に移行する。リラクゼーションのためのフローティングタンク、ピンクノイズのヘッドフォンなどが利用されています。
・感覚に負荷をかけることによる感覚遮断。

●化学的な誘導
薬物によって引き起こされた体外離脱は、この現象が客観的であると考える人々から見ても、しばしば幻覚(純粋に主観的な出来事)であると考えられています。その薬物には解離性(意識が自分から離れたように感じること)が報告されているいくつかの麻酔薬、咳止め薬、または幻覚性のアルカロイドなどがあります。また、人体への使用を禁止されている動物用麻酔薬(しばしば幻覚剤として使用される)の影響下でも体外離脱体験は報告されています。シソ科のある植物は、使用者が身体を残したまま精神を多くの場所へすみやかに出発させることができることが知られています。これらの化学物質の使用者の多くは魂が身体から離れるように感じると主張します。

ある化学物質はそれ自体ではなく、睡眠不足を通じて体外離脱を引き起こすことが知られています。それは誰かが自分の上や後ろで話しているように感じます。しかし、薬物の影響下にある彼らには何が起こっているかわかりません。

軽度から中度のアルツハイマー病や記憶障害の治療に使用される、ある薬剤は明晰夢からの体外離脱体験の成功率を高めることのできる向精神薬です。

翻訳ここまで。



★体外離脱(幽体離脱)の方法

さて、体外離脱(幽体離脱)の方法です。器具や化学物質を使用する方法はメリット、デメリットがありますので他サイトにまかせ、ここでは精神的な誘導法をいくつか紹介します。

●浮遊法
半覚醒、金縛り、明晰夢の状態から身体が浮かび上がるのをイメージします。うまくいけば肉体を残したまま意識を体外に出すことができます。部分的に手から意識を抜いていく方法もあります。肉体の手で布団、ベッドを触っている感覚と幽体の手が自由に動く感覚の二つを感じることができればスムーズに体外離脱に移行できます。

●寝返り法(回転法)
身体を浮かすイメージは最初は難しいかも知れません。浮遊法と同じく半覚醒、金縛り、明晰夢の状態から意識だけを寝返りするようにするとうまくいく場合があります。この場合も手、特に指先の感覚が二重になると成功率が高くなります。

●振動法
ロバート・モンローの提唱した方法。上記二つと組み合わせても効果があります。ポイントは振動。振動を感覚で感じて、身体と精神を分離させる方法です。半覚醒、金縛り、明晰夢では自動的に身体の一部、あるいは全部に振動を感じる場合も多いので、その場合はその振動を増幅させていくとうまくいきます。

ゼロから振動を起こす方法は次の通り。

1.リラックスして横になる。半覚醒(半睡眠でうとうとした状態)まで意識のレベルを落とす。

2.両目の外側から二本の線が出ているとイメージをして、その線を額から30センチ離れたところで交差させ、その点の圧力を感じる。

3.圧力の点をつかんだら、その点を2m位まで上に持っていき、その点を90度上に曲げ頭より高い位置に置く。その点で振動を探し、振動を見つけたら、頭の中にまで振動を引いてくる。

4.振動が頭に入ったら、頭からつま先まで往復させる。最初はゆっくりと振動を往復させ段々と振動数を増やしなめらかにしていく。ここで精神と肉体を分離させ両方の感覚を感じることができればGood。

5.振動が高まれば自動的に体外離脱が起こることも多いですが、そこに至らなければ上記1・2の浮遊法、寝返り法を行います。

とりあえずここまで。追って加筆します。

スポンサードリンク

posted by 桜 真太郎 at 21:56 | Comment(0) | 心霊