2011年06月24日

合気道と大東流合気柔術

合気道は植芝盛平翁が創始した日本を代表する武道のひとつです。

スティーブン・セガールの映画で合気道を目にした人も多いでしょう。
(命が惜しければコックには手を出すなw)

合気道の達人は養神館の塩田剛三氏、心身統一合氣道の藤平光一氏などが挙げられます。

合気道の逸話、名人は多くの人が知るところなのでここでは触れません。

合気道の知名度に反して合気道とは何か? ということは意外と知られていないと思います。

技術のルーツは「大東流合気柔術」であり、それに大本教(教祖:出口王仁三郎)の精神性を加味して成立した武道が合気道です。

植芝盛平翁は合気道の創始者ですが、大東流合気柔術を長く修行して大東流を教授できる「教授代理」を取得し、大東流の師範代を務めていました。最後は大東流の最高の免許証であった「解釈総伝証」まで得ています。植芝翁は、足掛け20年に渡り大東流を修業していました。これって意外と知られていませんよね?

現在では「合気道」の方が国内でも世界的にも有名になっているので、「大東流」のことを知らない人が多いと思います。

Wikiは日本語版より英語版の方が客観的に合気道の成立を論じています。

英語版には大東流中興の祖であり、植芝盛平翁の師匠である武田惣角と、大本教教祖の出口王仁三郎の写真が掲載されていますが、日本語版にはなぜか写真がありません。
合気道 - Wikipedia(日本語)
Aikido - Wikipedia(英語)

普通なら日本語版が一番詳しいはずなんですけどね・・・。

「ある意図」を持って「誰か」が編集しているものと推測されます。

「誰か」の気持ちは良くわかります。世界的にも有名になり、日本を代表する武道の一つである合気道開祖をできるだけ神格化しておきたい、という気持ちがあるのでしょう。

技術の根本(というかほとんど全て)が他の柔術(大東流)から来たものであり、精神性の柱は、戦前に政府に徹底的に弾圧された宗教団体の大本教です。

また開祖がその教祖に心酔していた。

これらの事実は隠しようが無いので隠してはいませんが、積極的に世間に知らせる必要もないということでしょう。

出口王仁三郎が大正13年に中国大陸に渡ったとき(パインタラ事件)に、植芝盛平翁も同行しており、そのときの写真が残っています。この写真は大正13年6月に蒙古で逮捕された王仁三郎一行を、パインタラ公署監獄前で撮影したものです。過去にムーにも掲載されたことがある有名な写真です。

左から2人目が出口王仁三郎、左から3人目の一番背が低い目つきの鋭い人物が植芝盛平翁です。また逮捕中のため、全員、逃亡できないように足枷がはめられています。(足首をよく見ると見えます。)

若き日の植芝翁の顔がはっきりと識別できます。

日本人なら誰でも知ってる合気道ですが、その成立については意外と知られていないと思いますので、ちょっと書いてみました。

陰謀論的な内容もあって、オカルトファンには良い記事となったかな?

【関連リンク】
スティーブン・セガール 沈黙の戦艦 合気道を使う最強のコックが大勢のテロリストを倒す映画
出口王仁三郎 - Wikipedia 合気道の成立・精神性に大きな影響を与えた大本教教祖(実質)の解説。
霊界物語(出口王仁三郎) 出口王仁三郎著の霊界物語を紹介するサイト。膨大なデータあり。
大東流合気柔術 - Wikipedia 合気道の技術の源流となった大東流の解説
武田惣角 - Wikipedia 大東流合気柔術・中興の祖、武田惣角の解説

【関連書籍】

スポンサードリンク

posted by 桜 真太郎 at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 武術の達人

2011年06月23日

消える居合 黒田鉄山


※2007年、パリでの黒田鉄山氏の居合の演武。抜く手が見えません。

今から20年前くらいに「古武術ブーム」が起こりました。
火付け役は甲野善紀さんという武術家であり古武術研究家の方と「秘伝」という雑誌でしたが、その時に今でも見る者を驚かせる居合術が世に現れました。

富山のマイナー流派の民弥流居合術を伝承する黒田鉄山氏です。

黒田氏が当時の武術界、武術修行者に与えた衝撃は驚くべきものでした。

「抜く手が見えない居合」

時代小説では良く出てくる表現ですよね。

しかし、映画や時代劇の動く映像では、それは十分に表現されませんでした。

当たり前です。

できる人がいないんですから。

そこに忽然と現れた彗星が黒田氏だったのです。

居合を習っている人たちは自分たちの習っている技術を疑い、居合を教授している師範たちは戦慄しました。それまでみんなが「居合」と思っていたものと、別次元の世界がそこにはありました。

まずは演武を見てください。これはもうオカルトの世界です。

民弥流居合術 黒田鉄山(どちらも同じ動画です。)
ニコニコの方がコメントが面白いかも。
YouTube
ニコニコ動画

抜く手が見えない(消える)居合動画は 0:50〜、1:58〜、4:08〜のあたりです。

ニコニコのコメントを抜粋してみました。

 ・こんな重くて長い太刀抜刀できないよ・・・・
 ・一時停止してコマ送りしたら次のコマでもう全部抜いていたでござるの巻
 ・何回見ても何時抜いたのかわからん
 ・刀がワープしたwwwwww
 ・今の本当に見えなかったぞ!?
 ・格ゲーだったら完全にチートキャラだな
 ・フレーム足りてないな
 ・本物ってこんなに早いのか( ゚д゚)ホ
 ・抜刀の速度がフレーム数を上回ってるのかw
 ・このキャラどうやったらだせるの?
 ・実際に日本刀振り回して遊んでる俺でもわからん!www

武術ファンや修行者は、ネットもamazonもない1990年代初頭、神田神保町の「書泉ブックマート」の最上階までビデオを買いにいったものです。

このネタわかる人いるかな~。

当時は神田神保町のなかでも、書泉ブックマートの最上階が武術関連書籍、ビデオなどが一番充実していました。

いまはネットで簡単に動画が見られるのですから、良い時代になりました。

昔も今も見た人を黙らせる、本物の達人です。

「消える動き」の秘密は「無拍子」の動きです。

「無拍子」というのは初動のいわゆる「溜め」の動作が無いため、敵の動きを見て後から動き始めても自分の攻撃が先に届く技術です。

天才が実戦経験を積み、不断の努力をすれば、100人の天才のうち1人くらいは自分でできるようになるようになるかも知れない?、というレベルの技術です。

日本人はこの技術を伝えるため「型」という鍛練法を考案しました。
(中国武術にも同様の「型」の鍛練法は存在します。歴史的には中国の方が先かも知れません。)

「型」はこれを凡人10人から20人のうち1人ができるようになる鍛練法です。
(残念ながら様々な理由から全員ではありません。)

意味が判らなくても師の動きを見たとおり練習していき、正しい指導を継続的に受ければ必ずできるようになります。

21世紀の現代に、この技術を伝承している黒田氏は日本の宝だと思います。

黒田鉄山氏も凄いですが、祖父の黒田泰治氏の逸話はそれを上回ります。

・十代のとき、直径15cmほどの柿の木を一太刀で切り倒した。
・大陸で馬賊に襲われた時、相手を小銃ごと真っ二つに斬った。
・米俵ほどの太さの巻藁二つ(中に砂の詰まった孟宗竹が三本)を、
 刃のついていない刀で一息に切って落とした。
 刀が切れないことを証明するために自分の腕に刃を当ててごしごしこすってから、
 切り落としたというからすごい。

これからもお元気で活躍してほしいものです。

もし今、20代、30代前半の方は、この技術を習って自分のものにできる可能性があります。黒田鉄山氏はまだ60歳を少し超えたばかり。最低でもあと20年は習うことができるでしょう。

武術は小説や映画の中のものではなく、強くなりたいと思って習いに来る人を待っている、実在のものなのですから。

【黒田氏の著作・DVD】
気剣体一致の「極」 民弥流居合術、椿木小天狗流棒術についての解説。
気剣体一致の「改」 剣術編。実際に武術を修業したことがない人にはちょっと難しいかも。
黒田鉄山極意指南第1巻 DVD 「消える居合」の解説DVD。5巻まで出ています。

黒田氏が世に出て20年。著作・DVDは絶版を含めて大量に出ていますので、入手しやすいもののみ記載しました。Amazonでの"黒田鉄山"の検索結果はこちら


【関連リンク】
振武舘 黒田道場公式サイト
黒田鉄山 - Wikipedia
動画検索 黒田鉄山 ‐ ニコニコ動画(原宿)
YouTube 黒田鉄山 検索結果

【関連書籍】

スポンサードリンク

posted by 桜 真太郎 at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 武術の達人