2011年09月20日

西遊記の謎 沙悟浄はなぜ河童になったのか?


※中国中央電視台制作「西遊記」  右の画像は沙悟浄(沙和尚)

日本人も大好きな中国四大奇書のひとつ「西遊記」。

最強の妖怪である孫悟空が天界、地上、霊界に大暴れをする前半部は中国でも大人気です。「悟空大いに天界を騒がせる」は凄いエピソードの連続です。

  • 須菩提祖師に弟子入りし、「悟空」の戒名を貰い、七十二般の変化と斛斗雲の術を会得する。

  • 寿命が来て閻魔大王の元に行ったとき閻魔大王を脅迫し、いわゆる「閻魔帳」の自分と幹部のサルたちの名前を塗りつぶし、寿命を無くす(不死となる)。

  • 四海の龍王を脅して、如意棒と鎧一揃い(歩雲履、金の鎖帷子、鳳凰の羽がついた紫金冠)を強奪する。この装備が「斉天大聖」時代のイメージとなります。

  • 西王母の桃園で九千年に一度実り、一つ食べれば不老不死になる桃をすべて食い荒らす。

  • 太上老君(老子:仙人のボス)の仙丹を食い荒らし、不老不死と金鉄の身体を手に入れる。

  • 天界の数万の軍勢を相手に互角に戦う。中国でも人気の三太子(ナタ)と互角に戦うが、二郎真君(楊ゼン)の哮天犬(秘密兵器:宝貝)に敗走して捉えられる。



  • ※斉天大聖のイメージ画像 (携帯用はこちら。)

    その後、釈迦如来により五行山の下に400年間封じ込められ、三蔵法師に救われて、西天に取経の旅に赴くこととなります。

    古今東西全ての妖怪の中でも間違いなく最強の妖怪です。あらゆる意味で不老不死のため通常の攻撃は全て無効(但し仙術、神通力による攻撃は有効、人参果の鎮元大仙の釜茹でを逃げたエピソードなど)、毒ガスなどで一時的に戦闘能力を奪われるなどの方法でしか、ダメージを受けません。

    日本妖怪の攻撃もダメージを与えられるようなものはないでしょう。ゲゲゲの鬼太郎の攻撃はそよ風に吹かれるようなものだろうし(閻魔大王を脅迫したエピソードからも明らか)、獣の槍もダメージを与えることはできません。なぜなら西遊記の物語終了時には悟空は成仏して「闘戦勝仏」という仏様の位も得ているからです。ぬら孫リクオの妖刀もダメ(仏様でもあるから)、とらの炎、雷もダメ(太上老君の八卦炉で焼かれてもノーダメージの実績あり)。GANTZ100点モンスターぬらりひょんも子供扱いでしょう(七十二般の変化と不老不死の悟空には絶対にかなわない、引き分けに持ち込むのが精々かな)。

    何せ、旅の先々で土地神を呼び出しては家来同前に扱っています。少年サンデーの名作「結界師」では土地神は最強クラスの扱いでした。

    三蔵法師の呪文で頭を締め付ける輪っか?これも西天取教が成就して、仏の位を得た時に外れています。

    西遊記には道教の様々な暗号が封じ込まれていて、太田辰夫・鳥居久靖の名訳、平凡社版の「西遊記」の注釈、および北海道大学の中野美代子教授(1996年に定年退官)の名著「西遊記の秘密 - タオと煉丹術のシンボリズム」(福武書店、1984年/岩波現代文庫、2003年)などで詳しく解説されています。

    私も西遊記が大好きで太田・鳥居訳の平凡社版の「西遊記」は何回読み返したか判りません。また1986年頃から深夜放送で中国中央電視台制作の「西遊記」が放映され、これも夢中になって見ました。

    そこで疑問に思ったのが沙悟浄の図像です。

    日本のアニメ・ドラマ・映画では河童の姿で描かれることが多い沙悟浄ですが、原作や中国版「西遊記」では顔が黒いお坊さんのイメージです。

    沙悟浄の日本でのイラスト


    なぜ、日本ではこのような河童のイメージになってしまったのでしょうか?

    調査自体は手間さえかけて「西遊記」の図書、漫画、アニメの画像を確認していくだけなので簡単といえば簡単ですが、実際には国立国会図書館に行って調査をするのも大変です。(´・ω・`)

    学部の卒論には良いテーマだと思うので、どなたかか書いたらぜひ教えてください。

    WEBで検索したら、早稲田大学の堀誠教授が小文を発表していました。

    堀誠教授の調査によれば昭和30年前後の漫画、挿絵ではすでに沙悟浄は河童の姿になっていました。

    堀誠教授が見つけた最も古い「沙悟浄=河童」の図像は、昭和7年3月刊の『孫悟空』(大日本雄弁会講談社「少年講談」5)です。「河童の化物沙悟浄」の章に、「腰に九つの髑髏をつけ、宝馬という槍を抱へ、頭に皿を乗せた河童の化物。恐ろしい顔をして出て来た。」とあり、次頁の挿絵はいかにも怖そうな河童姿に描かれています。(リンク先に画像あり

    もう一冊、同年11月刊の宇野浩二『西遊記物語(前篇)』春陽堂「少年文庫」36)の「はしがき」に、「河童の王の沙悟浄がお供をする」書かれています。

    しかし、大正15年4月、翌昭和2年12月に出版された版には、そのような記載はなかった。その他、大正以前、明治、江戸期の文献にも「沙悟浄=河童」の挿絵や記述は見つからなかったとしています。

    京都の水文化を語るボランティア団体カッパ研究会」にも記述がありました。
    http://www.kappa-kyoto.vis.ne.jp/ ※現在サイトはなくなっています。

    問:西遊記の沙悟浄は、いつから河童になったでしょうか。

    答:西遊記は、中国の明の時代(16世紀)に書かれた本です。沙悟浄と河童の関係は、よく聞かれるのですが、河童は日本だけに住んでいて、そんな昔に中国に行ったことはありせん。

    この沙悟浄を河童にしたのは、誰かなのか分からないのですが、明治の初めの頃に講談で語られたのが、その起源だと考えています。中国の水の妖仙のことなど説明できないので、日本で誰もが知っている河童にしたのでしょう。

    西遊記に出てくる沙悟浄は、天帝の宝である玻璃の器を割ったことで天界を追われ、南瞻部州・唐土の流沙河で人を喰らう妖仙です。この沙悟浄を河童として書いている本は、明治44年から大正13年の間に発刊された講談本(立川文庫)です。西遊記の講談を聞いてください。河童がどんな活躍をしているのか・・・・楽しみですね。


    この説では明治時代の講談で沙悟浄をわかりやすく説明するために、河童として語ったのが起源としています。

    沙悟浄は天竺へ向かう難所、向こう岸が見えない大河、流砂河の人を喰らう水怪として西遊記に登場します。明治から昭和の初期にかけて誰かが、日本人になじみ深い「河童」のイメージで描写したことが拡大して、日本では「沙悟浄=河童」のイメージが定着したのでしょうか。

    しかし、「沙悟浄=河童」のイメージも日本では少しづつ変わっています。

    峰倉かずや原作による漫画作品「最遊記」(1997年〜)では、「西遊記」のキャラ全員を現代風のイケメンに描いています。「最遊記」はアニメ、映画などのメディアでも制作されており、沙悟浄のイメージにも影響を与えています。
       

    小学館コロコロコミックの小西紀行作のギャグ漫画「西遊記ヒーローGo空伝!」(2006〜2008年)、「ゴゴゴ西遊記」(2008年〜連載中)では沙悟浄は頭にバンダナを巻いたイケメン風に描かれています。
       

    沙悟浄の日本版「西遊記」(TVドラマ)での姿

    2006年、フジテレビ制作の「西遊記」でも、ウッチャン演ずる「沙悟浄」は1978年日本テレビ岸部シローのイメージを受け継ぎつつも、頭にバンダナ(サッシュ?、ターバン?)を巻いており、頭の皿は見えていません。

    2013年7月携帯電話ウィルコムのCMに西遊記の三蔵法師一行が登場しました。

    ※2013年7月5日より放映の始まったウィルコムCMの三蔵法師一行。


    ※設楽統演じる沙悟浄。河童の姿ではありません。

    ここでは、沙悟浄は河童の姿になっていませんが、そもそも、三蔵法師が女性で髪は長いままだし、孫悟空も猿の姿になっておらず、猪八戒も豚の姿になっていません。これは単なる手抜きでしょう。(笑)

    ちなみに原作の三蔵法師は中年の色白で小太りのお坊さんのイメージです。中国中央電視台版もそうなっていますが、日本は夏目雅子の三蔵法師以来、若くて美しい女性が演じることになってしまったようです。


    ※ウィルコムの西遊記CM。30秒版。

    個人的には中国中央電視台制作「西遊記」のキャラのイメージが強いので、日本での「沙悟浄」のイメージが原作通りになってほしいと思います。

    大田・鳥居訳の原作、中国中央電視台版を見ると、沙悟浄は義理堅く、まじめで重い荷物を運び本当に良い男です。手元を誤ってガラスの杯を割っただけで厳しい罰を受けたのはかわいそうな気がします。相棒の猪八戒は月の嫦娥(超美人の月の仙女)にセクハラをして地上に落とされました。八戒の性格だから、かなりひどいセクハラだったのでしょう。

    手元を誤って貴重な杯を割った罪と、月の仙女にセクハラをした罪が同じというのは少し不公平な気がします。

    原作の沙悟浄は真面目なゆえにちょっと影が薄いのも残念です。

    しかし影が薄いからこそ、二次創作ではイケメンになったり結構活躍をしているのでしょうか。


    ※中国での一般的な沙悟浄のイメージ画像

    【関連DVD】
       
    左の2つが1986年の中国中央電視台版です。画質はそれなりですが、六小齢童の孫悟空の演技は素晴らしい。重力を感じさせない猿の動きは驚きです。

    また、「斉天大聖:チーテンターシュン」や、孫悟空を敵の妖怪がののしるときの「弼馬温(ひつばおん):ピーマーウェン」、「師父(三蔵法師)」を「シーフォン」、「観音菩薩」を「かんのんぼーさー」と中国語で呼ぶ発音が良いと思います。

    悟空、悟浄、八戒の掛け合いも日本版では絶対に見られない素晴らしさです。

    【関連リンク】
    河童の沙悟浄 堀 誠(早稲田大学教育学部教授)の小文
    沙悟浄 - Wikipedia
    沙和尚 - Google画像検索 中国では「沙和尚」の呼び名が普通。

    スポンサードリンク

    posted by 桜 真太郎 at 14:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | 妖怪・モンスター

    2011年07月10日

    ぬらりひょん 妖怪の総大将


    現在週刊少年ジャンプにおいて連載中の漫画、「ぬらりひょんの孫」において、ついに主役にまでなった妖怪ぬらりひょん。

    すごい出世です。

    極々簡単に「妖怪の総大将」としてのイメージの変遷をまとめてみました。

    もともと、詳しい解説がなく「ぬらりくらりとつかみどころがない妖怪」とされてきました。

    近年のぬらりひょんのイメージは次のようなものです。
    忙しい夕方時などに、どこからともなく家に入ってきて、お茶を飲んだりするなどして自分の家のように振舞い、人間が見ても『この人はこの家の主だ』と思ってしまうため、追い出すことができない。妖怪の総大将ともいわれる。(Wikipedeiaより)

    ぬらりひょんを妖怪の総大将とした一番古い記述は1930年(昭和5年)に遡ります。民俗学者・藤沢衛彦が1930年(昭和5年)の著作「妖怪画談全集 日本篇 上(中央美術社)」でぬらりひょんを「怪物の親玉」と書いています。

    「ゲゲゲの鬼太郎」の漫画原作および1960年代のアニメ第1期(白黒)では、強敵ではありますが、単発登場の妖怪であり、「妖怪の総大将」のイメージは持っていません。この時期、敵妖怪のボスは西洋妖怪の「バックベアード」でした。

    1968年制作の実写映画「妖怪大戦争」では、妖怪のまとめ役は「油すまし」であり、「ぬらりひょん」はモブシーンで少し写った程度でした。妖怪が行列する百鬼夜行の場面でも先頭は「油すまし」でした。この作品の前作の「妖怪百物語」でも同様で油すましは百鬼夜行の先頭でポスターにも大きく描かれていますが、ぬらりひょんは行列の中にいるだけです。

    この頃はまだ「妖怪の総大将」としてのイメージはないことがわかります。

    1984年放送開始の鬼太郎アニメ第3期では「妖怪皇帝」を名乗りボス的役割で度々登場をします。鬼太郎の宿敵としてのぬらりひょんが確立したのはこのシリーズからです。東映アニメーションのキャラクター紹介でも「妖怪の総大将とも呼ばれる悪行妖怪たちを束ねるボス。自身に目立った特殊能力はないが、その頭脳で数々の悪事を働き鬼太郎を何度となく苦しめた。」となっています。

    1990年から1996年に週刊少年サンデーで連載された、妖怪漫画「うしおととら」にはぬらりひょんは登場しませんでした。作品中に東日本、西日本の妖怪の長(おさ)が登場しますが、いずれもぬらりひょんではありませんでした。
          

    東日本の妖怪の長(おさ)は山ン本(やまんもと)。遠野で東日本の妖(あやかし)をまとめる大妖怪で、正体は大天狗です。モデルは怪談「稲生物怪録」に登場する魔王「山ン本五郎左衛門(さんもとごろざえもん)」と思われます。

    西日本の妖怪の長(おさ)は神野(しんの)。高千穂に本拠地「空屋敷」を構え、剛刃「流走(るばしり)」を振るい、西の妖(あやかし)をまとめます。モデルは怪談「稲生物怪録」に名前のみ登場する魔王「神野悪五郎(しんのあくごろう)」と思われます。

    現在30代前後の男性に絶大な人気を誇る「うしおととら」。鬼太郎のテレビシリーズが無い時代に人気を博したのが面白い。日本人は各年代で切れ目なくコミック、アニメで妖怪に親しんでいることが良くわかります。

    「うしおととら」は設定、絵、ストーリー共に良質の作品なので、読者はそれぞれ心に残る場面は色々あると思います。オカルトファンの妖怪マニアの観点から私が一番しびれたのは、中国の符咒師が符呪を使って西洋のバンパイアと戦う場面です。普通は戦うことがない妖怪ハンターとモンスターの組み合わせが素晴らしい。符呪でダメージを与えつつ、最後はきっちりルール通り、白木の杭(くい)を心臓に打ち込んで、止めを刺すところに作者の力量を感じました。

    1996年〜1998年放送の鬼太郎アニメ第4期で、ぬらりひょんは「妖怪王ぬらりひょん」として登場します。中盤以降では、朱の盆とコンビを組み、妖怪王編を筆頭に何度も鬼太郎と戦いを繰り広げます。確実に妖怪の総大将としての地位を固めていきます。

    実写映画「妖怪大戦争」は2005年にリメイクされます。1968年版では脇役だったぬらりひょんは主題歌を歌うロック歌手「忌野清志郎」が演じ、主要な日本妖怪として登場します。このときは日本妖怪のボスでも、悪役でもなく、他の日本妖怪とともに敵(陰陽師 加藤保憲)と戦う姿が描かれています。

    鬼太郎アニメの最新作となる第5期(2007年〜2009年)では最初から「鬼太郎の宿敵」「日本妖怪の総大将」として登場します。

    東映アニメーションのサイトでは「ぬらりひょん一家」として紹介されています。「ぬら孫」のイメージに近いものがあります。

    同時期に制作されたウエンツ瑛士主演の「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」(2008年7月12日公開)においても、日本妖怪の総大将であり最強妖怪、鬼太郎の宿敵として描かれています。

    実写映画化、アニメ化された週刊ヤングジャンプの人気コミック「GANTZ」大阪編(2007〜2008年に週刊ヤングジャンプに掲載)では、敵役として多数の日本妖怪が登場しますが、その総大将がぬらりひょんでした。



    「GANTZ」は一度死んだ人間を「コピー」してよみがえらせ、黒いスーツと特殊な武器を与え、「星人」と呼ばれるモンスターと強制的に戦闘を行わせるストーリーになっています。

    一度死んだ人間が、死んだことも、戦う意味も分からないまま、生き残るために強制的に戦闘を行わなければなりません。

    2000年に連載が始まったGANTZは、2011年7月現在、累計31巻、1,700万部以上を売り上げた人気コミックとなっています。アニメ化に続き二宮和也、松山ケンイチ主演で実写映画も制作されているので目にした人も多いでしょう。
       

    「GANTZ大阪編」の敵モンスターは日本妖怪。ボスは3体登場し、犬神68点、天狗71点、ぬらりひょん100点でした。「GANTZ」において、敵モンスターは得点が高いほど強敵という設定になっていますが、2011年7月現在、作品に登場した100点のモンスターはぬらりひょんだけです。

    「GANTZ」既刊31巻の中で唯一の100点モンスターは最強でした。ぬらりひょんの姿から、少女、女性の姿、筋骨たくましい男性の姿に変化し、攻撃されて生首だけになっても死なないどころか、目から怪光線を発射し圧倒的な力で周囲を破壊して、妖怪を次々になぎ倒します。

    元の姿に戻ったところを刀で切られると、切られた部分がそれぞれ小型のぬらりひょんとなります。それが、でろりと女性の身体が多数結合した姿に変化します。色情狂のGANTZメンバーが性的な攻撃を仕掛け、隙ができたところを攻撃され、血の池になるまで破壊されます。やっと倒したと思ったら、血の池から多数の角と突起のある凶悪な恐竜型モンスターとなり再生します。

    それに対してGANTZチーム最強のキャラクター「岡八郎」が、最高の装備と武器で戦いを挑みます。岡八郎の攻撃で恐竜型モンスターは倒されますが、すぐに女体と恐竜型モンスターのキメラとなって甦ります。それを肉片が蒸発するまで攻撃されると、その血の雨の後ろで、元のぬらりひょんの姿になり何事もなかったように座っています。

    その後、小型の女性の姿、体の一部を変形させた筋肉隆々のぬらりひょんの姿、皮膚がなく筋肉が見え、多数の突起を持つ鬼の姿へと、戦いの中で姿を変化させて行きます。

    その間、GANTZメンバーは次々に倒れていき、ついに最強の「岡八郎」も倒されます。東京、大阪のGANTZチームは、ぬらり1体に甚大な被害を受けます。

    正体不明で底知れない強さを持つ敵モンスターが「GANTZ」の魅力ですが、ここまで絶望的な強さと不死身性を備えたモンスターはぬらりひょんだけです。

    どんな攻撃を加えてもダメージを与えることができないぬらりひょん。世界中のGANTZファンを絶望の底に叩き込んだ、恐るべき強さでした。

    GANTZは世界中に多数のファンが存在しますので、日本妖怪のボスとしてのぬらりひょんと、その強さを世界中に知らしめた功績は大きいものがあります。
    ※wikipedia16ヶ国語あり。ゲゲゲの鬼太郎は9ヶ国語。

    「ぬらりひょん=妖怪の総大将」のイメージは鬼太郎のアニメを通じて1980年代から徐々に定着してきましたが、そのイメージを決定づけたのは現在週刊少年ジャンプ連載中の「ぬらりひょんの孫」と「GANTZ大阪編」でしょう。もちろん鬼太郎アニメ第5期、および実写映画「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」も大きな役割を果たしています。

    2007年から2008年に「鬼太郎アニメ第5期」「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」「GANTZ大阪編」「ぬらりひょんの孫」が立て続けに「妖怪の総大将としてのぬらりひょん」を取り上げたことにより、「ぬらりひょん=妖怪の総大将」のイメージが確立しました。

    「ぬらりひょんの孫」は一般に認知が広まってきた「妖怪の総大将としてのぬらりひょん」と「任侠(ヤクザ世界)」を組み合わせ、さらに人間と妖怪の間に生まれたクオーターを主人公とすることで新しい世界観を創出しました。
          

    妖力の源は人間を食べることではなく、人間に恐れ(畏れ)を与えることにより得られるという設定も秀逸です。これにより、妖怪は人間の敵ではなくなりました。また、日本全国の妖怪が地域ごとに「組組織(くみそしき)」を作り、主従兄弟の契りを結び、同盟を組み、抗争を繰り広げるという設定も様々な可能性があります。

    「ぬらりひょんの孫」は2008年から週刊少年ジャンプに連載されていますが、2006年に赤丸ジャンプに読み切りが掲載されたのが初出です。

    絵に力があり、妖怪は不気味に、主人公はカッコ良く、ヒロインは可愛らしく描かれています。

    ペンではなく、筆で妖怪の不気味さを表現する技法も、巻数を重ねるにつれ完成度が高まっています。

    初代ぬらりひょんが、平安時代に天才陰陽師と手を組み、これも日本最強妖怪の「九尾の狐」を倒す「初代過去編」は最高の出来でした。

    1980年代から30年の時を経て、ぬらりひょんは日本妖怪の総大将になりました。

    日本は新たな妖怪を次々に生み出すばかりでなく、創作に携わる複数の人々により妖怪のイメージも変化していきます。

    これは日本人にとって妖怪は現在も生きていて、身近にいる存在であるという、何よりの証拠だと思います。

    【参考リンク】
    ぬらりひょん - Wikipedia ぬらりひょんの解説。画像2枚あり。
    妖怪画談全集 - 国立国会図書館サーチ ここに所蔵されています。
    ゲゲゲの鬼太郎 - Wikipedia 漫画版の解説。
    ゲゲゲの鬼太郎 (アニメ) - Wikipedia アニメ版の解説。1-5期全話のタイトル等一覧があります。
    ゲゲゲの鬼太郎:東映アニメーション 第5期(2007-2009年)アニメ公式サイト。
    ゲゲゲの鬼太郎 アニメ第3期(1985-1988年)公式サイト。
    ゲゲゲの鬼太郎 DVD-BOX オフィシャル・サイト アニメ1期から4期までのDVD作品の解説。
    GANTZ - Wikipedia 人気コミック「GANTZ」の解説。
    うしおととら - Wikipedia
    うしおととらの登場キャラクター一覧 - Wikipedia

    【関連記事】
    百鬼夜行 ぬらりひょんの孫
    妖怪図鑑・妖怪データベース

    【関連書籍】



    【関連DVD】

    スポンサードリンク

    posted by 桜 真太郎 at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 妖怪・モンスター