2011年07月17日

タイ, メコン川の謎の火の玉, Naga fireballs, บั้งไฟพญานาค


タイの北東部、ラオスと国境を接するメコン川流域で毎年陰暦11月の最初の満月の夜にナーガ・ファイアボール「龍神の光の玉」が川底から現れます。

この日は仏教僧が安居を終えるオークパンサー(出安居)の日で、僧が3ヶ月間の寺での修行を終えて自由に外出ができるようになる日でもあります。

英語ではNaga fireballs,タイ語ではบั้งไฟพญานาค, bangfai payanak, バンファイ・パヤナークと呼ばれる現象です。

場所はNongkhai(ノンカイ)県が有名で毎年シーズンにはホテルは満員、川には数十万人の人出があるそうです。川辺は人でぎっしり、お土産物屋も多数出店されます。イメージ的には日本の花火大会のような感じでしょうか。

※写真左右それぞれクリックすると大きくなります。

ノンカイ県はまた龍神信仰も盛んな土地です。おみやげに米軍兵士がリュウグウノツカイを抱えている絵葉書や額入りの写真が売られています。添え書きには、1973年6月、ラオス基地に駐屯していた米兵たちが捕えたと書かれています。

しかし、これは1996年にアメリカ、カリフォルニア州コロナドでNAVY SEALSが捕獲したもので、英文のwikiにも掲載されている有名な写真です。タイの土産物で売られているものはご丁寧に左右が反転しています。

内容の真偽はともあれ、地元の龍神信仰のイメージにぴったりの写真だったのでしょう。

火の玉の出現は日没から午後11時くらいまでの間です。川面から音もなく赤っぽい火の玉がスーッと上がって上空に消えていきます。火の色はピンク、赤(レッド・ルビー)で無煙、無臭。時間は10秒から50秒程度。大きさは小さなものから最大でバスケットボールくらいまで。高さは最大で数百mにまで上昇します。一か所で目撃されるのは数個から数百個までで、年によっても異なります。

地元の人は祖父母の代からこの現象を見ていたといいますが、一般に知られるようになったのは、1990年代にこの現象をお祭りにしたバン・フェイ・パヤ・ナーク・フェスティバル(Bang Fai Phaya Nark festival)が開催されるようになってからです。

ノンカイ県の寺院では火を吐く龍を祀るために様々な祭礼や式典が行われ、観光客もそれに参加することができます。

2000年代以降、この現象と祭りは国際的な名声を得て、タイ政府も積極的に後押しをしました。

観光場所はノンカイ県、ウボンラチャタニ県が有名ですが、流域250kmに渡り現象が起きるので、空いていて火の玉が多く上がる場所を探し、次々と観光開発されています。また、メコン川だけでなく付近の小河川、湖沼からも火の玉現象の報告があります。

さて、オカルトファンなら一番に気になる、この現象の原因です。

残念ながら、現在でもはっきりとした原因は解明されていません。

科学的な説としては川底の有機物が腐敗し、メタン(CH4)、リン(P)などからホスフィンガス(phosphine 分子式PH3 リン化水素、phosphorus hydride 猛毒!)が生成して、発火しているというものです。これはタイ科学省が調査結果として発表している説です。

夏季の高温で有機物が腐敗してガスが生成される。水温が下がり、その時期に月の引力が一番強くなる、陰暦11月の満月の日に可燃性ガスが浮上して発火するというのは、いかにもありそうです。

しかし、反論として自然界ではホスフィンガスはほとんど見つかっていない、という意見も出されています。

また、花火、曳光弾などのいたずら、やらせであろうという説もあり、いくつかの火球はこれに該当するものがあるかもしれません。龍神信仰のある地元に人々は、この説をいわれのない中傷だと感じているそうですが・・・。

信心深い地元の人たちは別の説を信じています。「龍神の光の玉」の名前通り、川底に住む龍神(Naga,ナーガ)が仏陀に対する信仰心と感謝の気持ちを表すために、火の玉を吐き出しているのだといいます。

タイ国政府は調査委員会を設置し、2002年から2年間マヒドン大学(Mahidol University)のメンバーを中心に調査を行いました。川床から試料を集め、ガスのモニタリングステーションを8か所に設置してガスの観測をしました。その結果が科学省が発表した公式見解になりました。しかし、川から試料を採取する際に地元住民とトラブルになったそうです。龍神の住む川底を荒すな、というわけです。

龍神伝説の解説が日本語でYoutubeに上がっていました。

タイ仏教から見た、龍神が火の玉を吐く現象をアニメで日本人にわかりやすく説明しています。

人間は不思議現象の原因を解明したくなる性質を持っていますが、このような自然現象は無理に原因を突き止めないで、伝説のままにしておいた方が良い場合もあるのかも知れません。

毎年起こる現象なので、タイへの観光旅行の際はぜひ見てみたいものです。

【追記】
不思議現象を全然書いていなかったので、以前TVで見たこの現象を書いてみました。記事の内容は英文とタイ語のwikiそれと英文の解説サイトから情報を集めて構成しました。

【関連リンク】
Naga fireballs - Wikipedia 英文wiki。日本語はありません。( ゚д゚ )
บั้งไฟพญานาค タイ語wiki。画像あり。英文より詳しい。
Naga Fireball タイ旅行を取り扱う旅行社の解説。写真ここから借りました。
What causes the Naga fireballs? メコン川火の玉現象の科学的な解説。ソースのリンク先も良い。
Youtube - naga fireballs 2008年の撮影の動画。動画はこれが一番いいかも。
Youtube - Fire Dragon Balls - Nongkhai, Thailand  ノンカイ県で2008年撮影の動画。

スポンサードリンク

posted by 桜 真太郎 at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自然

2011年07月03日

2011年 相模湾へのイルカ・クジラ・鯨類の打ち上がり

今年は311の巨大地震以降、相模湾にイルカ・クジラ類が頻繁に打ち上げられています。
過去10年間くらいは打ち上げの報道はほとんどなかったと記憶しています。

相模湾を中心に房総・静岡の神奈川よりに打ち上げられた報道記事を記録します。

2011年3月20日(日)
鎌倉七里ヶ浜に打ち上げられたクジラ?イルカ?

http://www.youtube.com/watch?v=8_Sj8LJsK54&feature=channel_video_title
これはニュースになりませんでしたが、Youtubeに映像がアップされました。
まだ新しいイルカの死骸が、稲村ケ崎付近の海岸に海岸に打ち上げられています。
YouTubeの動画にはズームして大きいイルカが撮影されていますが、場所をわかりやすくするためロングの映像をスクリーンショットで撮りました。湘南のイメージでよく見る、稲村ケ崎付近から江の島を望む場所です。

余談ですが、ここは春3月下旬から4月上旬はワカメ拾いの名所です。

湘南の天然ワカメが拾えます。ただし、倍率は高い。地元の人は胸までの長靴と先端にフックのついた棒をもって海中まで入っていきますので、装備を整えるか、よほど運が良くないと拾えませんw

2011年3月26日(土)
海岸にクジラの子どもの死骸/小田原


26日午前8時半ごろ、小田原市東町4丁目の酒匂川河口付近で、浜辺に打ち上がったクジラの死骸が見つかった。近くで土木作業をしていた男性が110番通報した。

調査に当たった県立生命の星・地球博物館と市環境保護課によると、オガワコマッコウクジラの子どもとみられ、体長約1・5メートル、体重100キロ弱のメスという。同館が4月に解剖して死因などを調べる。
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1103260023/

2011年4月9日(土)
逗子海岸に死んだイルカ/逗子


逗子海岸を散歩中の男性が8日午後11時50分ごろ、逗子市新宿の逗子開成学園海洋教育センター前の砂浜でイルカの死体を見つけ、110番通報した。

新江ノ島水族館の崎山直夫学芸員によると、スジイルカの雄で、死後数日から数週間。体長は227センチ。外洋で死んだ後、打ち上げられたらしい。

スジイルカは世界中の温帯から熱帯にかけて生息。大きな群れで行動することが多く、相模湾でもその姿を見かけることができるという。
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1104090024/

2011年6月30日(木)
茅ケ崎の海岸でクジラ死骸発見/神奈川


茅ケ崎市の菱沼海岸で30日朝、クジラの死骸が見つかった。死後数日以上経過しており、解体されて標本にされる予定という。

県立生命の星・地球博物館(小田原市入生田)によると、漂着していたのは小型のクジラ「オガワコマッコウ」。今年3月にも小田原市内の酒匂川河口付近で、オガワコマッコウの子どもとみられるクジラの死骸が打ち上がっているのが見つかっている。

今回発見されたのはオスで、体長は約2メートル50センチ。死因や地震との因果関係は不明という。

同博物館や横浜・八景島シーパラダイスの学芸員らがクジラをその場で解体。今後、標本にするという。
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1106300036/

2011年7月5日(火)
海岸にクジラが打ち上げられる 静岡・掛川市


5日午前10時ごろ、静岡県掛川市浜川新田の大東海岸で、住民から同市に「イルカのようなものが海岸に打ち上げられている」と連絡があった。

駆けつけた市職員が確認したところ、打ち上げられていたのはクジラの一種「カズハゴンドウ」で体長は約2メートル。息はあるもののかなり衰えている状態で、職員や住民で持ち上げて何度も海に返そうとしたが、体力がないため戻されてしまった。

そのため、カズハゴンドウは名古屋港水族館(名古屋市港区港町)で飼育されることが決まり、準備ができ次第、搬送されるという。

カズハゴンドウは、百〜1千頭の群れで行動し、遠洋を移動しているためあまり生態は分かっていない。集団で近海に迷い込んで打ち上げられることがあるという。
http://news.livedoor.com/article/detail/5687543/

2011年7月13日(水)
海岸にクジラ2頭 館山


館山市の海岸に13日午後、小型のクジラ2頭が、相次いで打ちあがった。1頭は死んだが、もう1頭は救出された。

館山市によると、先に那古の海岸で見つかり、その後八幡の砂浜でも打ちあがっているのが発見された。2頭ともコマッコウクジラで、体長はいずれも2bほど。

那古のクジラは死んだが、もう1頭は、市や鴨川シーワールド職員などにより救出され、漁船で洲崎沖に運んで海に戻された。

那古の海岸にクジラが打ちあがったのを目撃した人の話では、クジラは2頭で、1頭はそのまま砂浜に上がり、もう1頭は波打ち際でのた打ち回るように暴れ、そのまま海に姿を消したという。クジラが暴れた周囲の海は、真っ赤に染まり、何かに襲われているようにも見えたという。

コマッコウクジラは驚いたりすると赤褐色の糞を排泄し、水中に煙幕をはって逃げる習性があるという。
http://www.bonichi.com/News/item.htm?iid=5577&TXSID=4l1emhsdmefhruq803f206u1g6

2011年12月22日
地震の前触れ?住民ら話題 静波海岸に深海魚打ち上げ


地震の前に姿を現すという言い伝えのある深海魚「リュウグウノツカイ(竜宮の使い)」が21日早朝、牧之原市の静波海岸に打ち上げられた。体長約4・5メートルの巨大な珍魚の姿に、「地震の前触れでは」と地域住民らの話題になっている。

アカマンボウ目に属するタチウオに似た銀色の深海性の希少種魚。特徴は赤みを帯びた長い背びれで、太平洋などの海底千メートルを超える深海にすむといわれている。伊豆・三津シーパラダイス(沼津市)によると、県内では年1?2匹程度見つかっているが、報告例は少ないという。

同日午後、深海魚は大人6人掛かりで同施設のトラックに運び込まれた。計測や解剖して生態などを調査するという。同施設は「潮の影響で浮き上がったのでは」としている。

2011年12月22日 07:43 静岡新聞
http://www.at-s.com/news/detail/100086835.html

記録の意味をこめて記事にしました。

【関連記事】
鯨・クジラ・イルカ類の打ち上げ(座礁)データベース
2012年 相模湾へのイルカ・クジラ・鯨類の打ち上がり

スポンサードリンク

posted by 桜 真太郎 at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自然