2014年04月27日

北コーカサスの支石墓(カフカスドルメン・コーカサスドルメン)

Dolmens_of_North_Caucasus01.jpg
山の中腹に立つカフカスドルメン(コーカサスドルメン)

Dolmens_of_North_Caucasus02.jpg
めずらしいピラミッド型のカフカスドルメン(コーカサスドルメン)

Dolmens_of_North_Caucasus03.jpg
石垣で囲われた前庭を持った典型的なカフカスドルメン(コーカサスドルメン)

Dolmens_of_North_Caucasus04.jpg
カフカスドルメン(コーカサスドルメン)の丸穴を内側から撮影。

Dolmens_of_North_Caucasus05.jpg
森の中にひっそりと佇むカフカスドルメン(コーカサスドルメン)。日本の石の祠にも似ています。

今年、冬季オリンピックが行われたロシアの保養地、ソチの周辺には多くのドルメン、メンヒルと呼ばれる巨石遺構が存在しています。

これらの遺跡はコーカサス山脈をはじめ、アジアとの中間地点に発見されています。西コーカサス山脈の約1万2千平方kmに約3,000もの遺跡が分布しています。
russia-sochi-dolmens-map_archeo_ru.jpg
ソチ周辺のカフカスドルメン(コーカサスドルメン)、メンヒルの分布図

この遺跡群に特徴的なのは壁を90度の角度に成型して、中央に丸い穴が開いていることです。地元の人たちは小人がレース(競争)のために開けたという人もいます。なお、四角い穴の遺跡も発見されています。

これらの遺跡の古代ヨーロッパの巨石遺構と比較しても年代や建築精度で同等ですが、誰が作ったかはわかっていません。建造されたのは紀元前4,000年から2,000年の間であると推測されています。

白人が建造したと思われるが、ヨーロッパ各地の他インド、アジアの巨石と強い類似性を持っています。

現在、これらの遺跡は保護されることなく放置されているため、多くが荒廃した状態にあり、今後保護をしないと完全に失われてしまう恐れもあります。

この遺跡が一般に知られていないことは、2014年4月現在、Wikiが英語ロシア語しかないことからもわかります。

今後の続報が待たれる謎です。

【関連リンク】
Dolmens of North Caucasus - Wikipedia 英文wiki。日本語はありません。
The Case for Hobbits ホビットハウス(小人の家)と呼ばれるカフカスドルメン(コーカサスドルメン)の写真多数。

スポンサードリンク

posted by 桜 真太郎 at 20:15 | Comment(0) | 古代文明

2014年03月19日

タスマニアの巨大生物3 タスマニアの巨大アワビ

tasmania_abalone.jpg
群棲するオーストラリア タスマニアのアワビ(ブラックリップ)

Blacklip.jpg
タスマニアに生息するアワビ2種のうちの1種 ブラックリップ

Greenlip.jpg
タスマニアに生息するアワビ2種のうちの1種 グリーンリップ

タスマニアの巨大生物の最後はタスマニアのアワビです。画像のように大きなアワビがたくさん採れており、日本にも輸出されています。ネットショップで普通に購入することもできます。

タスマニアには2種類のアワビが生息しており、肉の外縁が黒色のブラックリップと、緑色のグリーンリップがいます。どちらも味は美味しいアワビです。

日本では漁師さん以外はアワビを採ることはできませんが、タスマニアにはルールが整備されており、旅行者も含めてアワビを採ることができます。

タスマニア政府のサイトに掲載されているアワビ漁のルールを簡単にまとめてみました。

まず、1年間の入漁料51.80ドル(44.40ドルの基本料金に加えて最初のライセンスのための7.40ドルを)の費用がかかります。アワビのほかにイセエビ、ホタテなどを採る際には追加で7.40ドルづつ必要となります。2014年3月のレートでは年間ライセンス4,870円、追加ライセンス700円程度です。

採取することのできるサイズはブラックリップが北方の海域で12.7cm以上、南方海域で13.8cm以上、グリーンリップが北方の一部海域で13.2cm以上、それ以外の海域で14.5cm以上となっています。

また採取できる個数は年間20個で1回あたりでは10個が上限です。ライセンスは旅行者にも発行されるので、日本からタスマニアにダイビング旅行に行ってアワビ採りをすることも可能です。ちなみにホタテは1日50個、年間100個まで許可されています。

タスマニア旅行の際にダイビングでアワビを採るのも面白いかもしれません。日本もこのくらいのライセンス料で魚貝を採取できたら良いですね。

■Amazonでもオーストラリア産アワビが買えます。


■タスマニアアワビ漁の動画。大量にアワビがついています。


【関連リンク】 
海釣りレクリエーションライセンス 2014年-2015年、タスマニア州政府の遊漁ライセンスのページ(英語)。
アワビ漁のルール タスマニア州政府のアワビ漁ライセンスのページ(英語)。
タスマニア産生鮮アワビ JETOROのタスマニア産アワビ仲介ページ。活けアワビを24時間以内に配送可。個人取引可能。

スポンサードリンク

posted by 桜 真太郎 at 14:48 | Comment(0) | 巨大生物